意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「撫で撫で」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「撫で撫で」という表現は「仔猫の頭を撫で撫でしていると幸せな気持ちになってきます」などの文章で使われますが、「撫で撫で」にはどのような意味があるのでしょうか?

「撫で撫で」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

撫で撫で

Meaning-Book
「撫で撫で」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「撫で撫で」の意味
  • 「撫で撫で」の表現の使い方
  • 「撫で撫で」を使った例文と意味を解釈
  • 「撫で撫で」の類語や類義語


「撫で撫で」の意味

「撫で撫で」という表現は、「人間・動物(主に哺乳類・鳥類)・ぬいぐるみなどを撫でること」を意味している幼児語です。

「撫で撫で」というのは、「赤ちゃんの頭を手で撫で撫でする」のように、主に「小さくて弱い人(動物)」「守ってあげたくなる感じの動物」などを「手でなでること」を意味している表現なのです。

また「撫で撫で」には、「怪我をした所や痛いと言っている部分を手でさする」といった意味合いもあります。

  • 「撫で撫で」の読み方

「撫で撫で」の読み方

「撫で撫で」の読み方は、「なでなで」になります。



「撫で撫で」の表現の使い方

「撫で撫で」の表現の使い方を紹介します。

「撫で撫で」の表現の使い方は、「自分よりも小さくて弱そうな子供(動物)やかわいらしい人形、怪我をした部分などを手でなでる時」に使うという使い方になります。

例えば、「淋しいのか、その子はずっとコアラのぬいぐるみを撫で撫でしていました」などの文章で使うことができます。

「撫で撫で」を使った例文と意味を解釈

「撫で撫で」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「撫で撫で」を使った例文1
  • 「撫で撫で」を使った例文2

「撫で撫で」を使った例文1

「可愛い赤ちゃんを見ていると母性本能(父性本能)を刺激されるのか、自然に頭を撫で撫でしたくなります」

この「撫で撫で」を使った例文は、「撫で撫で」という表現を、「自然に頭を手で撫でたくなります」という意味合いで使っています。

「撫で撫で」を使った例文2

「友達がこけて捻挫した部分を、周りの子たちが撫で撫でして癒してあげようとしていました」

この「撫で撫で」を使った例文は、「周りの子たちが捻挫した部分を手で撫でて(さすって)癒してあげようと」という意味を持つ文脈で、「撫で撫で」の表現を使用しています。



「撫で撫で」の類語や類義語

「撫で撫で」の類語や類義語を紹介します。

  • 「優しく撫でる」【やさしくなでる】
  • 「軽く摩る」【かるくさする】

「優しく撫でる」【やさしくなでる】

「撫で撫で」という表現は、「自分よりも小さい子供(赤ちゃん)・可愛らしい動物などを手で優しく撫でること」「痛がっている部分を手で撫でること」を意味する幼児語です。

「優しく撫でる」とは、「力を入れずに触って、手を柔らかく前後に動かすこと」を意味する表現です。

これらの意味から、「優しく撫でる」という表現を、「撫で撫で」とほとんど同じ意味を持つ類語として解釈できます。

「軽く摩る」【かるくさする】

「撫で撫で」という言葉は、「傷ついた部分・痛がっている所を手でやわらかく軽くさすってあげること」を意味しています。

その意味合いから、「撫で撫で」と近い類似の意味を持つ類義語として、「軽く摩る」の表現を指摘することができるのです。

icon まとめ

この記事で紹介した「撫で撫で」の表現には、「手でやわらかく撫でること・傷ついた部分をさすってあげること」などの意味があります。

「撫で撫で」の類語・類義語として、「優しく撫でる」「軽く摩る」などがあります。

「撫で撫で」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。