意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「不意に思い出す」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

ビジネスや日常会話で「不意に思い出す」という言葉が使われることがあります。

一体どの様な意味なのか、類語や例文なども併せて紹介します。

不意に思い出す

Meaning-Book
「不意に思い出す」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「不意に思い出す」の意味
  • 「不意に思い出す」の表現の使い方
  • 「不意に思い出す」を使った例文と意味を解釈
  • 「不意に思い出す」の類語や類義語


「不意に思い出す」の意味

「不意に思い出す」の意味は以下の2つです。

1つ目は「過去のことや、忘れいたことが突然記憶によみがえること」という意味で、今まですっかり忘れていた過去のことや、しなければならないことなどが頭の中に浮かぶことを言います。

現在の動作に関連していることもあれば、全く関係のないこともあります。

2つ目は「突然あるものごとを考え始めること」という意味で、その時に気になったことが段々と頭の中で強くなり、囚われてしまう状態を言います。

目の前であったことや、以前から気になっていたことが頭の中に浮かび、そのことについて考えてしまう時の表現です。

  • 「不意に思い出す」の読み方
  • 「不意に思い出す」を分解して解釈

「不意に思い出す」の読み方

「不意に思い出す」の読み方は、「ふいにおもいだす」になります。

特に難しい漢字ではないので読み書きできる様にしておきましょう。

「不意に思い出す」を分解して解釈

「不意に思い出す」「不意に+思い出す」で成り立っています。

「不意に」は形容動詞「不意」の連用形で、「思い掛けないこと」「突然であること」という意味です。

「思い出す」「過去のことや忘れていたことを心によみがえらせる」「その様に考え始める」という意味です。

これらの言葉が組み合わさり「突然過去のことや忘れていたことが心によみがえる」「突然その様に考え始める」という意味で使われています。



「不意に思い出す」の表現の使い方

「不意に思い出す」の表現の使い方を紹介します。

  • 文法的な使い方
  • 自分の意志ではないこと

文法的な使い方

「不意に思い出す」は動詞を含んだ表現であり、文末にそのまま使えます。

副詞として使う時には「不意に思い出して」になります。

自分の意志ではないこと

「不意に思い出す」「不意」という言葉が付いていますので、自分の意志ではなく頭の中に浮かんでくることを言います。

一般的に何かをしている時に気付いたり、ぼうっとしている時にひらめく時に使います。

「不意に思い出す」を使った例文と意味を解釈

「不意に思い出す」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「不意に思い出す」を使った例文1
  • 「不意に思い出す」を使った例文2

「不意に思い出す」を使った例文1

「締切が今日であることを不意に思い出した」

仕事が忙しくて混乱していた時に、本日締め切りの作業があったことを急に思い出して慌てたことを表しています。

「不意に思い出す」を使った例文2

「連載中のマンガの結末はどうなるのかについて不意に思い出してしまい、ずっと考えてしまった」

好きなマンガの結末について考え出してしまい止まらなかったことを表しています。



「不意に思い出す」の類語や類義語

「不意に思い出す」の類語や類義語を紹介します。

  • 「脳裏に浮かぶ」【のうりにうかぶ】
  • 「頭をよぎる」【あたまをよぎる】

「脳裏に浮かぶ」【のうりにうかぶ】

「ひらめきや思い出などが急に頭の中に現われること」という意味です。

「頭をよぎる」【あたまをよぎる】

「何かの考えや心配ごとなどが心に生じること」という意味です。

icon まとめ

「不意に思い出す」「過去のことや、忘れいたことが突然記憶によみがえること」「突然あるものごとを考え始めること」という意味があります。

意識せずに何かが閃いた時に使いましょう。