意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「大過なく」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「大過なく」という表現は「大過なく自分に与えられた職務を果たすことができました」などの文章で使われますが、「大過なく」にはどのような意味があるのでしょうか?

「大過なく」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

大過なく

Meaning-Book
「大過なく」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「大過なく」の意味
  • 「大過なく」の表現の使い方
  • 「大過なく」を使った例文と意味を解釈
  • 「大過なく」の類語や類義語


「大過なく」の意味

「大過なく」という表現は、「ある物事・役割・期間などにおいて、大きなあやまちを起こすこともなく」ということを意味しています。

「大過なく」というのは、「ある物事・仕事や一定の期間において、大きなあやまち(過失)や許されない失敗(ミス)をすることもなく」を意味している表現なのです。

  • 「大過なく」の読み方

「大過なく」の読み方

「大過なく」の読み方は、「たいかなく」になります。



「大過なく」の表現の使い方

「大過なく」の表現の使い方を紹介します。

「大過なく」の表現の使い方は、「ある物事・役割・期間などにおいて、大きなあやまちや失敗をすることがなかった場合」に使うという使い方になります。

例えば、「大過なくこの困難な新規プロジェクトを終えられたことで、私も部長も一安心しております」といった文章で、「大過なく」の表現を適切に使用することができます。

「大過なく」を使った例文と意味を解釈

「大過なく」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「大過なく」を使った例文1
  • 「大過なく」を使った例文2

「大過なく」を使った例文1

「高校の教員としての仕事を、大過なく勤め上げることができました」

この「大過なく」を使った例文は、「高校の教員としての仕事を、大きな失敗やあやまちを犯すことなく勤め上げることができた」ということを意味しています。

「大過なく」を使った例文2

「家族みんなが健康で楽しく、大過なく過ごせたことを幸せに感じています」

この「大過なく」を使った例文は、「家族みんなが健康で楽しく、大きな問題・病気・失敗などもなく平穏に過ごせたことを幸せに感じている」という意味合いを持っています。



「大過なく」の類語や類義語

「大過なく」の類語や類義語を紹介します。

  • 「大きな失敗をせず」【おおきなしっぱいをせず】
  • 「平穏無事に」【へいおんぶじに】

「大きな失敗をせず」【おおきなしっぱいをせず】

「大過なく」という表現は、「ある物事や仕事において、大きな失敗(ミス)をすることもなく」ということを意味しています。

その意味合いから、「大きな失敗をせず」という表現を、「大過なく」とよく似た意味を持つ類語(シソーラス)として解釈できます。

「平穏無事に」【へいおんぶじに】

「大過なく」という言葉は、「ある一定の期間において、深刻な(大きな)問題も起こることなく平穏無事に」ということを意味しています。

「平穏無事に」というのは、「特別な問題・損害などがなくて、いつもと変わらず穏やかなさま」を意味する表現です。

これらの意味から、「大過なく」と近しい類似の意味を持つ類義語として、「平穏無事に」の表現を上げられます。

icon まとめ

この記事で解説した「大過なく」の表現には、「ある物事・仕事や一定の期間において、大きなあやまち・失敗を犯すこともなく」などの意味があります。

「大過なく」の類語・類義語として、「大きな失敗をせず」「平穏無事に」などがあります。

「大過なく」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。