意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

トラックにおける「積み込み」とは?! 意味と例文!反対語(対義語)を解釈

トラックへの荷物の「積み込み」には、いろいろなコツがあります。

積み込み

Meaning-Book
トラックにおける「積み込み」とは?! 意味と例文!反対語(対義語)を解釈>


目次

  • トラックにおける「積み込み」の意味とは?
  • トラックにおける「積み込み」を使った例文と解釈
  • 「積み込み」の対義語


トラックにおける「積み込み」の意味とは?

トラックへの「積み込み」とは、色々な荷物をトラックの荷台に積むことです。

こう言ってしまうと簡単なようですが、その荷物を積んだ状態で走り、積み込んだ荷物は後で必ず下ろすことになります。

よって、それらをよく考えた上で積み込まないといけません。

以下はそのコツと言えるものですが、重心を考えて重い物は下に、宅配便のように何件か回る場合には下ろす予定の逆の順番で、走行中に荷物が動かないように極力隙間なく、といった点が基本だと言われています。



トラックにおける「積み込み」を使った例文と解釈

トラックにおける「積み込み」を使った例文と、その意味の解釈です。

言葉としての使い方は特に難しくありません。

  • 「積み込み」を使った例文1
  • 「積み込み」を使った例文2

「積み込み」を使った例文1

「積み込みに時間が掛かってしまった所為で、到着が間に合わないかも知れない」

先のように、トラックへの荷物の積み込みは色々なことを考えながら行えないといけません。

ですが、それに時間を掛け過ぎて、到着が遅れてしまっても困ることになります。

その為、手際のよいく積み込みが求められます。

「積み込み」を使った例文2

「これではさすがに積み込み過ぎで、最大積載量オーバーだ」

トラックにはこの最大積載量というものが決められており、2トントラックであれば、まだスペースがあったとしても合計して2トン(2000kg)を越える重さの荷物は積めません。

この重さは、トラックに乗りながら荷物が空の状態と、積み込んだ状態の差で計測することができます(トラックを扱う業者には、必ずこのような計測器があります)。

「積み込み」の対義語

「積み込み」の反対になる言葉は、「荷下ろし」です。

「荷物を下ろす」ことそのままで、「荷卸し」とも表記されますが、「下」の漢字が使われたこの「荷下ろし」の方が一般的です。



icon まとめ

荷物の積み込み方次第で、トラックの走行中や下ろす時に大きな影響が出ることが少なくありません。

単に荷物を積むというだけでなく、いかに安全に早く荷物が届けられるような積み込みが求められると言えるでしょう。