意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「憂鬱」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

日常会話やネット上で「憂鬱」という言葉が使われることがあります。

一体どの様な意味なのか、類語や例文なども併せて紹介します。

憂鬱

Meaning-Book
「憂鬱」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「憂鬱」の意味
  • 「憂鬱」の表現の使い方
  • 「憂鬱」を使った例文と意味を解釈
  • 「憂鬱」の類語や類義語


「憂鬱」の意味

「憂鬱」の意味は、「気持ちがふさいでしまい、暗くなること」です。

精神的な状態を表す言葉で、気が滅入ってしまい行動が鈍ったり、ものごとに対してネガティブな気持ちを抱いてしまうことを言います。

要因としては、心配事や悩み、日常のストレスなどがありますが、慢性的に「憂鬱」な人の場合、心因的な病気になっていることもあります。

ネット上で心がネガティブな状態を表す言葉として非常によく使われていて、「嫌な気持ち」「惨めな気持ち」「死にたくなる気持ち」などの意味でも使われます。

  • 「憂鬱」の読み方
  • 「憂鬱」の言葉の成り立ち

「憂鬱」の読み方

「憂鬱」の読み方は、「ゆううつ」になります。

「鬱」という漢字が非常に難しいので、「憂うつ」と平仮名表記されることも多くあります。

「憂鬱」の言葉の成り立ち

「憂鬱」「憂」「うれい」とも読み「物思いに沈む」「心配する」という意味があります。

「鬱」「気分が滅入っている様子」「鬱病」という意味があります。

どちらも「気持ちがふさいでいる」という意味を表す言葉で、重ねることで意味を強調しているのです。



「憂鬱」の表現の使い方

「憂鬱」の表現の使い方を紹介します。

  • 文法的な使い方
  • 自分に対して使う

文法的な使い方

「憂鬱」は名詞・形容詞であり、文末に使う時には「憂鬱だ・である」となります。

「憂鬱な〇〇」と名詞を修飾することもあれば、副詞として「憂鬱に」と使うこともあります。

自分に対して使う

「憂鬱」は精神的な状態を表す言葉ですので、基本的に自分に対して使います。

自分が「気持ちが滅入っている」と感じていることを表す言葉で、同じ状況でも人がそう感じるとは限りません。

「憂鬱」を使った例文と意味を解釈

「憂鬱」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「憂鬱」を使った例文1
  • 「憂鬱」を使った例文2

「憂鬱」を使った例文1

「明日から試験が始まるので憂鬱だ」

学生が試験前によく使う台詞です。

勉強が苦手、或いは準備不足で試験を受けるのが心配だ、嫌だという気持ちを表しています。

「憂鬱」を使った例文2

「これから取引先に謝罪に行くので憂鬱で仕方がない」

思わぬミスをしてしまい、取引先に大きな迷惑をかけてしまいました。

謝罪に行かなければならないのですが、相手が怒っていることが分っているので非常に気が滅入っていることを表しています。



「憂鬱」の類語や類義語

「憂鬱」の類語や類義語を紹介します。

  • 「落ち込み」【おちこみ】
  • 「ブルーな気分」【ぶるーなきぶん】

「落ち込み」【おちこみ】

「気分が沈んで暗くなること」という意味です。

「ブルーな気分」【ぶるーなきぶん】

「不安や悲しみで気持が晴れない状態」という意味です。

icon まとめ

「憂鬱」は、「気持ちがふさいでしまい、暗くなること」という意味です。

あらゆるネガティブな感情を表す言葉で、心が晴れずにどんよりとしている時に使いましょう。