意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「手間がかかる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

ビジネスや日常会話で「手間がかかる」という言葉が使われることがあります。

一体どの様な意味なのか、類語や例文なども併せて紹介します。

手間がかかる

Meaning-Book
「手間がかかる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「手間がかかる」の意味
  • 「手間がかかる」の表現の使い方
  • 「手間がかかる」を使った例文と意味を解釈
  • 「手間がかかる」の類語や類義語


「手間がかかる」の意味

「手間がかかる」の意味は、「あるものの世話や手入れをする為に、時間や手順を要すること」です。

子供の面倒を見たり、ものをメンテナンスしたりするのに、複雑な手順に従ってしなければならなかったり、単純に時間が経ってしまうことを言います。

やろうと思えばできるけれども、労力を伴ったり、精神的にストレスを感じてしまう時の表現です。

  • 「手間がかかる」の読み方
  • 「手間がかかる」を分解して解釈

「手間がかかる」の読み方

「手間がかかる」の読み方は、「てまがかかる」になります。

「手間」「しゅかん」と読み間違わない様にしましょう。

「手間がかかる」を分解して解釈

「手間がかかる」「手間+が(助詞)+かかる」で成り立っています。

「手間」とは「それをするのに時間や労力が費やされること」「作業に対する報酬」「報酬を貰ってする仕事」という意味があります。

「かかる」「他から作用・動作が及ぶ」という意味があります。

これらの意味が組み合わさり「それをするのに費用・労力・時間などが必要になる状態」として使われています。



「手間がかかる」の表現の使い方

「手間がかかる」の表現の使い方を紹介します。

  • 文法的な使い方
  • ビジネスで使う場合

文法的な使い方

「手間がかかる」は動詞を伴った表現ですので、文末にそのまま使えます。

副詞として使う時には「手間がかかり」になり、受け身で使う時には「手間をかけられる」になります。

ビジネスで使う場合

ビジネスで「手間がかかる」を使う時には、「手間」「お」を付けて「お手間」になります。

基本的に自分が大変な時には「手間がかかる」ですが、相手に大変な思いをさせた時には「お手間を取らせる」になります。

文章で使う時には「お手間を取らせてしまい申し訳ございません」などになります。

「手間がかかる」を使った例文と意味を解釈

「手間がかかる」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「手間がかかる」を使った例文1
  • 「手間がかかる」を使った例文2

「手間がかかる」を使った例文1

「これから資料を作り直すのは非常に手間がかかる」

会議やプレゼンの資料を今から作り直すのには非常に時間も労力もかかると言っています。

「手間がかかる」を使った例文2

「うちは男の子が3人いるので手間がかかる」

男の子が3人いるので、面倒を見るのが大変だと言っています。



「手間がかかる」の類語や類義語

「手間がかかる」の類語や類義語を紹介します。

  • 「世話が焼ける」【せわがやける】
  • 「厄介な」【やっかいな】

「世話が焼ける」【せわがやける】

「人の助けがないとできないことがあり、面倒である」という意味です。

「厄介な」【やっかいな】

「扱いにくく面倒なこと」という意味です。

icon まとめ

「手間がかかる」「あるものの世話や手入れをする為に、時間や手順を要すること」という意味です。

複雑で面倒だったり、長時間に渡る作業に関して使いましょう。