意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「手の届く」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

日常会話や小説などで「手の届く」という言葉が使われることがあります。

一体どの様な意味なのか、類語や例文なども併せて紹介します。

手の届く

Meaning-Book
「手の届く」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「手の届く」の意味
  • 「手の届く」の表現の使い方
  • 「手の届く」を使った例文と意味を解釈
  • 「手の届く」の類語や類義語


「手の届く」の意味

「手の届く」の意味は以下の3つです。

1つ目は「自分でできる範囲内にあること」という意味で、「能力」「財力」「行動力」などが及ぶ範囲内にあり、実行可能なことを言います。

2つ目は「細かいところまで配慮されていること」という意味で、「こうして貰うと嬉しい」と思うことが的確に実現されている様子を言います。

3つ目は「もうすぐある年齢や時期に達すること」という意味で、その時点に非常に近い状態でるこ戸を言います。

  • 「手の届く」の読み方
  • 「手の届く」の由来

「手の届く」の読み方

「手の届く」の読み方は、「てのとどく」になります。

特に難しい漢字ではないので、読み書きできる様にしておきましょう。

「手の届く」の由来

「手の届く」は慣用句であり、実際に手を付ける訳ではありません。

「手が届く位身近にある、感じること」に対して使われる言葉です。

目の前にあり、特に移動しなくても手を伸ばせばすぐに達する状態のたとえとして使われています。



「手の届く」の表現の使い方

「手の届く」の表現の使い方を紹介します。

  • 文法的な使い方
  • 自分に見合っている時に使う

文法的な使い方

「手の届く」は基本的に「手の届く年齢」「手の届く値段」など、名詞を修飾する言葉です。

文末に使う時には「手が届く」になります。

自分に見合っている時に使う

「手の届く」は、自分の能力や現在の状況など、身の丈に合っているものごとに対して使います。

対義語は「手の届かない」で、分不相応であったり、能力以上のものに対して使います。

「手の届く」を使った例文と意味を解釈

「手の届く」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「手の届く」を使った例文1
  • 「手の届く」を使った例文2

「手の届く」を使った例文1

「新車で100万円位までならば十分手の届く範囲だ」

新車を購入する時に、現在の自分の給料や預金などから考えて、100万円位までならば支払っても特に生活に影響がないと思っていることを表します。

「手の届く」を使った例文2

「いよいよ30歳に手の届く年齢になった」

まだ若いと思っていたけれども20代半ばを過ぎてもうすぐ30歳になる年齢になり、年を取ったことを感じている様子を表しています。



「手の届く」の類語や類義語

「手の届く」の類語や類義語を紹介します。

  • 「手頃な」【てごろな】
  • 「敷居の低い」【しきいのひくい】

「手頃な」【てごろな】

「大きさや重さがちょうど良く、手に持ったり扱うのに便利なこと」「能力や経済力が希望条件にちょうど見合ってること」という意味です。

「敷居の低い」【しきいのひくい】

「初心者でも気軽にできる趣味や習いごとなど」という意味です。

icon まとめ

「手の届く」「自分でできる範囲内にあること」「細かいところまで配慮されていること」「もうすぐある年齢や時期に達すること」という3つの意味があります。

自分にとって身近に感じられることに対して使いましょう。