意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「のんびり」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

いつも「のんびり」としている人は、よく言えば大物だと表現できます。

のんびり

Meaning-Book
「のんびり」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「のんびり」の意味とは?
  • 「のんびり」の表現の使い方
  • 「のんびり」を使った例文と意味を解釈
  • 「のんびり」の類語や類義語


「のんびり」の意味とは?

「のんびり」とは、ゆったりとしている様子に対して使う言葉です。

「のんびりしている暇はないぞ」のような使い方でよく見聞きすると思いますが、ゆったりとはしていられないぞと言っているのと同じです。

そのゆったりとしている様は、余裕からきているような場合もある訳、冒頭のように、いつもそのような様子の人には大物感があると言えるかも知れません。

ですが、本当に余裕からなのか定かではない場合、単に行動が鈍かったり、さぼっている(さぼりがちな)だけのこともあります。



「のんびり」の表現の使い方

「のんびり」の表現の使い方を紹介します。

「たまにはのんびりしたいよ」などと、ゆったりとしたいことの表現として用いることも多い言葉で、身体的に休みたいのと同時に、精神的なゆとりを求めて使われる場合も少なくありません。

世の中では、そのようなことをしている(考えている)場合ではないということも多いでしょうが、たまにはそのような時間やその為の行動(自然に親しむなど)も人間にとって必要だと言えるでしょう。

「のんびり」を使った例文と意味を解釈

「のんびり」を使った例文と、その意味の解釈です。

この言葉は、「のんびりする」「のんびりしたい」といった形で使われることがほとんどになります。

  • 「のんびり」を使った例文1
  • 「のんびり」を使った例文2

「のんびり」を使った例文1

「仕事が忙しくて、のんびりする時間が全くない」

そのように考えている人も多いと思われる使い方です。

先のように、人間毎日仕事ばかりでは参ってしまいます。

時には意識してそのようにできる時間を作ることも大切です。

「のんびり」を使った例文2

「少しのんびりとし過ぎた為、今後が大変になってしまった」

何かを「のんびりと行う」という使い方もできる言葉で、そこまで急がずにゆっくりと行うことがそのように表現されます。

そのように行ってきたことが後に影響してしまったと用いている例になります。



「のんびり」の類語や類義語

「のんびり」の類語や類義語を紹介します。

似た意味で使うことができる言葉です。

  • 「のどかな」【のどかな】
  • 「気楽」【きらく】

「のどかな」【のどかな】

「のどかな生活」と使うと、時間などに余裕のある生活のことになり、「のんびりとした生活」と同じ意味になります。

また、「のどかな田園風景」のように、その景色や場所がゆったりしていると感じる時にも使える言葉です。

「気楽」【きらく】

「のんびりとしていられること」の表現で、「気楽な人だ」とすると、「のんびりとした人だ」と言っているのと同じになります。

忙しい訳ではなく、特に心配事もないといった様子に対して使ってください。

icon まとめ

常に「のんびり」とした人も考えものですが、人間にはそのような時間も必要です。

常に忙しく、そのような暇はないという人でも、そういった時間が少しでもとれるように考えてみることをおすすめします。