意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「役割分担」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「役割分担」という表現は「役割分担しないと、これだけの分量の仕事はこなせません」などの文章で使われますが、「役割分担」にはどのような意味があるのでしょうか?

「役割分担」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

Meaning-Book
「役割分担」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「役割分担」の意味
  • 「役割分担」の表現の使い方
  • 「役割分担」を使った例文と意味を解釈
  • 「役割分担」の類語や類義語


「役割分担」の意味

「役割分担」という表現は、「ある集団・組織・社会において、果たすことが期待されている役目・任務などの負担を分け合うこと」を意味しています。

「役割分担」というのは、「ある集団(組織・仲間)に所属しているそれぞれのメンバーに、遂行すべき役目・仕事を分けて受け持たせること」を意味している表現なのです。

  • 「役割分担」の読み方

「役割分担」の読み方

「役割分担」の読み方は、「やくわりぶんたん」になります。



「役割分担」の表現の使い方

「役割分担」の表現の使い方を紹介します。

「役割分担」の表現の使い方は、「ある集団や仲間関係に属しているそれぞれのメンバーに、果たすべき役目・仕事の負担を分ける場合」に使うという使い方になります。

例えば、「役割分担がいい加減だと、組織内での内輪揉めの原因にもなります」といった文章で、「役割分担」の表現を使用できます。

「役割分担」を使った例文と意味を解釈

「役割分担」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「役割分担」を使った例文1
  • 「役割分担」を使った例文2

「役割分担」を使った例文1

「この会社では社員間の役割分担が明確なので、人の仕事でサービス残業をさせられることはまずありません」

この「役割分担」を使った例文は、「役割分担」という表現を、「この会社では社員間で、遂行すべき役目・職務の負担の割り当てがはっきりしているので」という意味を持つ文脈で使っています。

「役割分担」を使った例文2

「夫婦間で大まかな家事育児の役割分担は決まっているのですが、状況に応じて柔軟に相手の家事を手伝うこともあります」

この「役割分担」を使った例文は、「夫婦間で大まかな家事育児(家庭の役目・仕事)における自分の受け持ちは決まっているのですが」という意味合いで、「役割分担」の表現を使用しています。



「役割分担」の類語や類義語

「役割分担」の類語や類義語を紹介します。

  • 「役割分業」【やくわりぶんぎょう】
  • 「役目の分掌」【やくめのぶんしょう】

「役割分業」【やくわりぶんぎょう】

「役割分業」という表現は、「一連の仕事について、それぞれの人が果たすべき役目・作業に分けて受け持つこと」を意味しています。

その意味合いから、「役割分業」という表現を、「遂行すべき役目の負担を分け合うこと」を示す「役割分担」とほぼ同じような意味を持つ類語として解釈できます。

「役目の分掌」【やくめのぶんしょう】

「役目の分掌」という言葉は、「ある集団組織・企業(学校)において、遂行することが期待されている役割・任務を各メンバーに分担して行わせること」を意味しています。

この意味から、「果たすことが求められる役目の負担を分けて受け持つこと」を示す「役割分担」の類義語として、「役目の分掌」という表現を指摘できます。

icon まとめ

この記事で解説した「役割分担」の表現には、「ある集団組織・社会などで、果たすことが期待されている役目・任務(仕事)などの負担を分け合うこと」などの意味があります。

「役割分担」の類語・類義語として、「役割分業」「役目の分掌」などがあります。

「役割分担」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。