意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「明瞭な説明」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「明瞭な説明」という表現は「明瞭な説明がなくてどこか言葉を濁していました」などの文章で使われますが、「明瞭な説明」の表現はどんな意味を持っているのでしょうか?

「明瞭な説明」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

Meaning-Book
「明瞭な説明」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「明瞭な説明」の意味
  • 「明瞭な説明」の表現の使い方
  • 「明瞭な説明」を使った例文と意味を解釈
  • 「明瞭な説明」の類語や類義語


「明瞭な説明」の意味

「明瞭な説明」という表現は、「ある物事について疑問に思う部分が出ないように、はっきりとした内容と表現で相手によく分かるように述べること」を意味しています。

「明瞭な説明」というのは、「相手が疑問や不明に思う所がないように、はっきりとした(明らかな)表現・口調・内容で分かりやすく語ること」を意味している表現です。

  • 「明瞭な説明」の読み方

「明瞭な説明」の読み方

「明瞭な説明」の読み方は、「めいりょうなせつめい」になります。



「明瞭な説明」の表現の使い方

「明瞭な説明」の表現の使い方を紹介します。

「明瞭な説明」の表現の使い方は、「ある物事について相手に疑問や不審が生じないように、はっきりとした口調・表現・内容で分かりやすく述べる場合」に使う使い方になります。

例えば、「あの先生は、明瞭な説明ができるので生徒からの評判が良いのです」といった文章で適切に使えます。

「明瞭な説明」を使った例文と意味を解釈

「明瞭な説明」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「明瞭な説明」を使った例文1
  • 「明瞭な説明」を使った例文2

「明瞭な説明」を使った例文1

「担当者が明瞭な説明をしてくれたお陰で、疑問に思っていた部分が解消しました」

この「明瞭な説明」を使った例文は、「担当者が(疑問点について)はっきりとした分かりやすい内容で話してくれたお陰で」という意味で、「明瞭な説明」という表現を使っています。

「明瞭な説明」を使った例文2

「自分の行動について明瞭な説明ができないということは、何か疚しいところがあるのではないですか?」

この「明瞭な説明」を使った例文は、「明瞭な説明」という表現を、「自分の行動について、疑いを晴らすようなはっきりとした表現・主旨で述べられない(説明できない)ということは」という意味を持つ文脈で使用しています。



「明瞭な説明」の類語や類義語

「明瞭な説明」の類語や類義語を紹介します。

  • 「明確な説明」【めいかくなせつめい】
  • 「理路整然とした解説」【りろせいぜんとしたかいせつ】

「明確な説明」【めいかくなせつめい】

「明確な説明」という表現は、「はっきりとした確実な内容と趣旨で、相手に分かりやすく述べること」を意味しています。

その意味合いから、「明確な説明」という表現を、「疑問に思う部分がないはっきりとした内容の語り・話」を示す「明瞭な説明」と近しい類似の意味を持っている類語(シソーラス)として解釈することが可能です。

「理路整然とした解説」【りろせいぜんとしたかいせつ】

「理路整然とした解説」という表現は、「論理的によくまとめられていて(言説の筋道がきちんと通っていて)、伝えようとしている内容・主旨がとても分かりやすい説明」を意味しています。

この意味から、「はっきりとした疑問点の出ない内容と表現で、相手に分かるように教えること」を示す「明瞭な説明」とよく似た類義語として、「理路整然とした解説」という表現を上げることができるのです。

icon まとめ

この記事で解説した「明瞭な説明」の表現には、「相手に疑問点が生じないように、はっきりとした口調や筋道、内容で分かるように述べること」などの意味があります。

「明瞭な説明」の類語・類義語として、「明確な説明」「理路整然とした解説」などがあります。

「明瞭な説明」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。