意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「明るくない」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「明るくない」という表現は「私はあまり明るくない性格なので、賑やかなパーティーは苦手です」などの文章で使われますが、「明るくない」の表現はどんな意味を持っているのでしょうか?

「明るくない」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

Meaning-Book
「明るくない」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「明るくない」の意味
  • 「明るくない」の表現の使い方
  • 「明るくない」を使った例文と意味を解釈
  • 「明るくない」の類語や類義語


「明るくない」の意味

「明るくない」という表現は、「日光・照明(電灯・LED)などの光量が不十分で薄暗いさま」「光が弱くて物がよく見えない状態」を意味しています。

「明るくない」には、「これから先の未来に期待・希望・喜びが持てないこと」「性格・気質・表情などが明朗ではなく暗い感じがすること」といった意味合いもあります。

また「明るくない」の意味として、「あるジャンル(分野)・物事について詳しい知識や豊かな経験を持っていないこと」もあります。

  • 「明るくない」の読み方

「明るくない」の読み方

「明るくない」の読み方は、「あかるくない」になります。



「明るくない」の表現の使い方

「明るくない」の表現の使い方を紹介します。

「明るくない」の表現の使い方は、「光源の光量が不十分で薄暗い時」「性格・表情・雰囲気などが明朗でなく暗い感じの時」に使うという使い方になります。

例えば、「明るくない表情をしていると、同僚たちに心配をかけます」といった文章で使用できます。

更に「明るくない」の表現は、「未来に期待・希望が持てない場合」「ある分野・業界について詳しくない時」に使うという使い方もあります。

「明るくない」を使った例文と意味を解釈

「明るくない」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「明るくない」を使った例文1
  • 「明るくない」を使った例文2

「明るくない」を使った例文1

「この公園の道は夕方になると明るくないので、気をつけて歩いた方が良いと思います」

この「明るくない」を使った例文は、「この公園の道は夕方になると(街灯の明るさが足りず)薄暗いので」という意味を持つ文章で、「明るくない」の表現を使っています。

「明るくない」を使った例文2

「未来が明るくないというメッセージは伝えるべきではなく、もっと子供に希望が持てるビジョンを示すべきです」

この「明るくない」を使った例文は、「明るくない」の表現を、「未来に希望・期待が持てず幸せが少ないというメッセージ」の意味合いで使用しています。



「明るくない」の類語や類義語

「明るくない」の類語や類義語を紹介します。

  • 「暗い」【くらい】
  • 「精通していない」【せいつうしていない】

「暗い」【くらい】

「明るくない」という表現は、「日光・照明などの光量が不足していて、物がよく見えないほど薄暗いこと」「性格・表情・雰囲気などが明朗ではなく暗いさま」を意味しています。

それらの意味から、「明るくない」とほぼ同じような意味を持つ類語(シソーラス)として、「暗い」の表現を指摘できます。

「精通していない」【せいつうしていない】

「明るくない」という言葉は、「あるジャンル・分野・業界について、詳細な知識や豊富な経験を持っていないこと」を意味しています。

「精通していない」とは、「ある物事・分野などについて、詳しい知識や経験を持っていないこと」を意味する言葉です。

これらの意味から、「精通していない」の表現を、「明るくない」と類似の意味を持つ類義語として解釈できます。

icon まとめ

この記事で説明した「明るくない」の表現には、「光源の光量が不十分で薄暗い」「その人の性格・表情・雰囲気が明朗闊達ではなく暗いこと」などの意味があります。

「明るくない」の類語・類義語として、「暗い」「精通していない」などがあります。

「明るくない」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。