意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「毎月カツカツ」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「毎月カツカツ」という表現は「毎月カツカツなので、外食なんてとてもできません」などの文章で使われますが、「毎月カツカツ」はどのような意味を持っているのでしょうか?

「毎月カツカツ」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

毎月カツカツ

Meaning-Book
「毎月カツカツ」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「毎月カツカツ」の意味
  • 「毎月カツカツ」の表現の使い方
  • 「毎月カツカツ」を使った例文と意味を解釈
  • 「毎月カツカツ」の類語や類義語


「毎月カツカツ」の意味

「毎月カツカツ」という表現は、「毎月の生活に必要なお金が、何とかぎりぎりで足りているような状態」を意味しています。

「カツカツ」という言葉には、「かろうじて・ぎりぎり・何とか保っているさま」の意味合いがあります。

「毎月カツカツ」とは、「収入に余裕がなくて、毎月の生活費をかろうじて支払っているようなさま」「毎月の収入と支出の金額がほとんど同じでぎりぎりの生活をしている状態」を意味する表現です。

  • 「毎月カツカツ」の読み方

「毎月カツカツ」の読み方

「毎月カツカツ」の読み方は、「まいつきかつかつ」になります。



「毎月カツカツ」の表現の使い方

「毎月カツカツ」の表現の使い方を紹介します。

「毎月カツカツ」の表現の使い方は、「毎月の支出に対する収入が十分ではなくて、ぎりぎりの生活をしている状態」を意味して使うという使い方になります。

例えば、「毎月カツカツなので、今月の忘年会はできるだけ安い会費でお願いします」といった文章で使用することができます。

「毎月カツカツ」を使った例文と意味を解釈

「毎月カツカツ」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「毎月カツカツ」を使った例文1
  • 「毎月カツカツ」を使った例文2

「毎月カツカツ」を使った例文1

「毎月カツカツの生活をしているので、ランチをおごってくれる上司にはいつも感謝しています」

この「毎月カツカツ」を使った例文は、「毎月カツカツ」という表現を、「収入に余裕がなくて、毎月の支出を何とか支払っているような生活をしているので」という意味を持つ文章で使っています。

「毎月カツカツ」を使った例文2

「毎月カツカツなので、彼女との結婚生活にポジティブなイメージを抱くことができません」

この「毎月カツカツ」を使った例文は、「毎月の生活費がぎりぎりで足りている状態なので」という意味合いで、「毎月カツカツ」という表現を使用しています。



「毎月カツカツ」の類語や類義語

「毎月カツカツ」の類語や類義語を紹介します。

  • 「生活が苦しい」【せいかつがくるしい】
  • 「家計に余裕がない」【かけいによゆうがない】

「生活が苦しい」【せいかつがくるしい】

「毎月カツカツ」という表現は、「収入が十分ではないために、毎月余裕のないぎりぎりの生活をしていること」を意味しています。

その意味合いから、「毎月カツカツ」とほとんど同じ意味を持つ類語として、「生活が苦しい」という表現を指摘できます。

「家計に余裕がない」【かけいによゆうがない】

「毎月カツカツ」という表現は、「毎月の収入と支出がほぼ同じであるために、家計に余裕がない状態」を意味しています。

「家計」というのは、「家庭・世帯における経済のやりくり」を意味している言葉です。

この意味から、「毎月カツカツ」と近い類似の意味を持っている類義語として、「家計に余裕がない」という表現を上げられます。

icon まとめ

この記事で説明した「毎月カツカツ」の表現には、「収入に余裕がなくて、毎月の生活に必要なお金(支出)がぎりぎりで足りているような状態」などの意味があります。

「毎月カツカツ」の類語・類義語として、「生活が苦しい」「家計に余裕がない」などがあります。

「毎月カツカツ」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。