意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「物事の仕組み」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「物事の仕組み」という表現は「多くの物事の仕組みに精通したいと考えています」などの文章で使われますが、「物事の仕組み」にはどのような意味があるのでしょうか?

「物事の仕組み」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

物事の仕組み

Meaning-Book
「物事の仕組み」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「物事の仕組み」の意味
  • 「物事の仕組み」の表現の使い方
  • 「物事の仕組み」を使った例文と意味を解釈
  • 「物事の仕組み」の類語や類義語


「物事の仕組み」の意味

「物事の仕組み」という表現は、「モノの物理的な構造・機構」「モノ・機械がそのように組み立てられている構造」を意味しています。

「物事の仕組み」という言葉には、「物事や世の中がスムーズに進展・運営するようにあらかじめ計画(工夫)されているもの」といった意味合いもあります。

  • 「物事の仕組み」の読み方

「物事の仕組み」の読み方

「物事の仕組み」の読み方は、「ものごとのしくみ」になります。



「物事の仕組み」の表現の使い方

「物事の仕組み」の表現の使い方を紹介します。

「物事の仕組み」の表現の使い方は、「モノの物理的な構造・機構や仕掛け」を指し示して使うという使い方になります。

例えば、「物事の仕組みを知ることで、より製品の開発に役立ちます」などの文章で使えます。

また「物事の仕組み」は、「その物事が上手く進むように事前に計画されて作られたもの」という意味合いでも使われます。

例えば、「円滑に動く物事の仕組みを作る必要があります」といった文章で使用できます。

「物事の仕組み」を使った例文と意味を解釈

「物事の仕組み」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「物事の仕組み」を使った例文1
  • 「物事の仕組み」を使った例文2

「物事の仕組み」を使った例文1

「物事の仕組みをより正確に理解するためには、その物を分解してみたほうが良いでしょう」

この「物事の仕組み」を使った例文は、「物事の仕組み」という表現を、「物事の物理的な構造・組み立てをより正確に理解するためには」の意味合いで使用しています。

「物事の仕組み」を使った例文2

「効率的に稼げる物事の仕組みを作ったことで、社長はここまでこの会社を大きくすることができたのです」

この「物事の仕組み」を使った例文は、「効率的に稼げるように、あらかじめ工夫や計画がされた仕掛け・方法を作ったことで」という意味を持つ文脈で、「物事の仕組み」という表現を使っています。



「物事の仕組み」の類語や類義語

「物事の仕組み」の類語や類義語を紹介します。

  • 「物事の構造」【ものごとのこうぞう】
  • 「計画的な方法」【けいかくてきなほうほう】

「物事の構造」【ものごとのこうぞう】

「物事の仕組み」という表現は、「モノ・機械が複数の要素(部品)から組み立てられている物理的な構造」を意味しています。

「物事の構造」とは、「複数の要素・部品から組み立てられている仕組み」を意味する言葉です。

その意味合いから、「物事の仕組み」とほぼ同じ意味を持つ類語として、「物事の構造」という表現を指摘できます。

「計画的な方法」【けいかくてきなほうほう】

「物事の仕組み」という言葉は、「物事を効率的に進展・運営するために、あらかじめ計画・工夫がされた方法」を意味しています。

この意味から、「計画的な方法」の表現を、「物事の仕組み」と類似の意味を持っている類義語として考えることができます。

icon まとめ

この記事で説明した「物事の仕組み」の表現には、「物の物理的な構造・組み立て」「物事がスムーズに運営されるようにあらかじめ考えられた計画・仕掛け」などの意味があります。

「物事の仕組み」の類語・類義語として、「物事の構造」「計画的な方法」などがあります。

「物事の仕組み」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。