意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「伝統社会」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「伝統社会」という表現は「伝統社会では昔からの文化・習慣が守られています」などの文章で使われますが、「伝統社会」の表現はどのような意味を持っているのでしょうか?

「伝統社会」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

伝統社会

Meaning-Book
「伝統社会」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「伝統社会」の意味
  • 「伝統社会」の表現の使い方
  • 「伝統社会」を使った例文と意味を解釈
  • 「伝統社会」の類語や類義語


「伝統社会」の意味

「伝統社会」という表現は、「昔からのしきたり・決まり・文化・生活様式・血統などの系統を受け継いで伝え続けている人の集まり(社会)」のことを意味しています。

「伝統社会」という言葉には、「匿名的・都会的な近代社会ではない、顔見知りだけで構成されている世間体・同調意識で統制された農村漁村的なムラ社会(村落共同体)」という意味合いもあります。

  • 「伝統社会」の読み方

「伝統社会」の読み方

「伝統社会」の読み方は、「でんとうしゃかい」になります。



「伝統社会」の表現の使い方

「伝統社会」の表現の使い方を紹介します。

「伝統社会」の表現の使い方は、「昔からのしきたり・決まり・文化・生活様式が守られ続けている社会」「顔見知りで構成されて世間体(他人の目)を意識することが多いムラ社会」を指して使うという使い方になります。

例えば、「伝統社会」では「奇抜なファッションや強い自己主張は煙たがられます」といった文章で使用することができます。

「伝統社会」を使った例文と意味を解釈

「伝統社会」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「伝統社会」を使った例文1
  • 「伝統社会」を使った例文2

「伝統社会」を使った例文1

「伝統社会で生きていくためには、周囲の人たちとのご近所付き合いを欠かすことができません」

この「伝統社会」を使った例文は、「昔ながらの習慣・しきたり・人間関係が守られている村落共同体で生きていくためには」という意味を持つ文章で、「伝統社会」の表現を使っています。

「伝統社会」を使った例文2

「伝統社会では、旧来からのしきたりやルール、生活様式を改善することよりも守ることが重視されます」

この「伝統社会」を使った例文は、「伝統社会」という表現を、「古くからのしきたり・風習・文化・生活様式が受け継がれて守られている社会共同体では」という意味合いで使用しています。



「伝統社会」の類語や類義語

「伝統社会」の類語や類義語を紹介します。

  • 「共同体的な社会」【きょうどうたいてきなしゃかい】
  • 「ムラ社会」【むらしゃかい】

「共同体的な社会」【きょうどうたいてきなしゃかい】

「伝統社会」という表現は、「昔ながらのしきたり・風習・文化・価値観・濃い人間関係などが変わらずに守られている共同体的な社会」を意味しています。

「共同体的な社会」の言葉は、「その集団に所属する人たちが、仲間意識を持ってお互いに助け合って生きている集団」という意味合いを持っています。

その意味合いから、「伝統社会」と類似の意味を持っている類語として、「共同体的な社会」を上げられます。

「ムラ社会」【むらしゃかい】

「伝統社会」という言葉は、「匿名性のない知っている人たち(昔・先祖からの住民)だけで構成されたムラ社会・村落共同体」を意味しています。

「ムラ社会」とは、「近代的・都会的・匿名的ではない、少人数の顔見知りの人たちだけで構成された同調圧力・世間体の強い共同体」を意味する表現です。

この意味から、「ムラ社会」という表現を、「伝統社会」とよく似た意味を持つ類義語として解釈できます。

icon まとめ

この記事で解説した「伝統社会」の表現には、「古くからの文化・風習・しきたり・生活様式などが変わらず守られている社会」「匿名性のない顔見知りだけで構成されている村落共同体」などの意味があります。

「伝統社会」の類語・類義語として、「共同体的な社会」「ムラ社会」などがあります。

「伝統社会」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。