意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「混じり気のない」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「混じり気のない」という表現は「混じり気のないガソリンが手に入らない国もあります」などの文章で使われますが、「混じり気のない」にはどのような意味があるのでしょうか?

「混じり気のない」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

混じり気のない

Meaning-Book
「混じり気のない」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「混じり気のない」の意味
  • 「混じり気のない」の表現の使い方
  • 「混じり気のない」を使った例文と意味を解釈
  • 「混じり気のない」の類語や類義語


「混じり気のない」の意味

「混じり気のない」という表現は、「種類・質感の異なるものが混ざり合っている感じがないこと」を意味しています。

「混じり気のない」というのは、「他の違うもの(不純物)が混入していなくて純粋であること」「不純物が混ざっている感じがなくて澄み切っているさま」を意味している表現です。

  • 「混じり気のない」の読み方

「混じり気のない」の読み方

「混じり気のない」の読み方は、「まじりけのない」になります。



「混じり気のない」の表現の使い方

「混じり気のない」の表現の使い方を紹介します。

「混じり気のない」の表現の使い方は、「種類・質の違う不純物が混入しておらず澄み切っているさま」を意味して使うという使い方になります。

例えば、「その湖の水は、混じり気のない綺麗な透明の水でした」といった文章で、この表現を正しく使うことができます。

「混じり気のない」を使った例文と意味を解釈

「混じり気のない」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「混じり気のない」を使った例文1
  • 「混じり気のない」を使った例文2

「混じり気のない」を使った例文1

「混じり気のない貴金属には、金や銀、プラチナを中心として高い経済的な価値があります」

この「混じり気のない」を使った例文は、「異なる成分・元素が混ざっていない感じの貴金属には」という意味を持つ文脈で、「混じり気のない」という表現を使っています。

「混じり気のない」を使った例文2

「北海道の山中に湧いている水は、混じり気のない水に見えても、エキノコックスなどの寄生虫に警戒する必要があります」

この「混じり気のない」を使った例文は、「混じり気のない」の表現を、「何も不純物が混入していない純粋な水に見えても」という意味合いで使用しています。



「混じり気のない」の類語や類義語

「混じり気のない」の類語や類義語を紹介します。

  • 「純粋な」【じゅんすいな】
  • 「透き通った」【すきとおった】

「純粋な」【じゅんすいな】

「純粋な」という表現には、「不純物や余計なものが混ざっておらず、一つの成分・性質だけがあるさま」「汚れておらず無垢で清らかなさま」といった意味合いがあります。

それらの意味から、「種類・性質が異なるものが混入していない」を示す「混じり気のない」とよく似た意味を持つ類語として、「純粋な」という表現を上げることができます。

「透き通った」【すきとおった】

「混じり気のない」という表現は、「不純物や汚れたものが混じっておらず、綺麗に透き通っているさま(澄み切っているさま)」を意味しています。

「透き通った」という言葉には、「濁ったり汚れたりしておらず、綺麗に透けて見えるさま」の意味合いがあります。

その意味から、「透き通った」という表現を、「混じり気のない」と類似の意味を持っている類義語として解釈できます。

icon まとめ

この記事で解説した「混じり気のない」の表現には、「種類・質の違うものが混ざっていなくて純粋なさま」などの意味があります。

「混じり気のない」の類語・類義語として、「純粋な」「透き通った」などがあります。

「混じり気のない」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。