意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「マナーに反する」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

ビジネスや日常会話で「マナーに反する」という言葉が使われることがあります。

一体どの様な意味なのか、類語や例文なども併せて紹介します。

マナーに反する

Meaning-Book
「マナーに反する」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「マナーに反する」の意味
  • 「マナーに反する」の表現の使い方
  • 「マナーに反する」を使った例文と意味を解釈
  • 「マナーに反する」の類語や類義語


「マナーに反する」の意味

「マナーに反する」の意味は以下の2つです。

1つ目は「礼儀を欠いていて態度が悪い様子」という意味で「人がメールや手紙などを送ったのに返信しない」「人と会っても自分から挨拶をしない」など、相手に対して自分がするべきことをしない時の表現です。

2つ目は「礼儀作法を欠いている様子」という意味で、こちらの場合は「お辞儀の仕方が悪い」「箸の使い方が悪い」など、礼儀作法として一般的に認識されていることが身に付いていない様子を表します。

但し、マナーはその国の宗教や文化、習慣などにより違いがあるものですので、日本で「マナー」とされていることが海外でも同じとは限らず、逆に日本で「マナーに反する」ことが海外でも同じとも限りません。

  • 「マナーに反する」の読み方
  • 「マナーに反する」を分解して解釈

「マナーに反する」の読み方

「マナーに反する」の読み方は、「まなーにはんする」になります。

特に難しい漢字ではないので読み書きできる様にしておきましょう。

「マナーに反する」を分解して解釈

「マナーに反する」「マナー+に(助詞)+反する」で成り立っています。

「マナー」とは英語の“manner”が日本語化した言葉で、「態度」「礼儀」「礼儀作法」という意味です。

これらは人間関係や社会の秩序を良好に保つ為の基本的に立ち振る舞いとされています。

「反する」「反対になる」「規則に違反する」「命令に背く」という意味があります。

これらの言葉が組み合さり「態度が悪い」「礼儀作用が身に付いていない」という意味で使われます。



「マナーに反する」の表現の使い方

「マナーに反する」の表現の使い方を紹介します。

  • 文法的な使い方
  • 「マナー」と「エチケット」の使い分け

文法的な使い方

「マナーに反する」は動詞を含む表現で、文末にそのまま使えます。

一般的には「マナーに反する行為」として使われることも多くあります。

「マナー」と「エチケット」の使い分け

「マナー」と似た意味の言葉に「エチケット」があります。

「マナー」「礼儀」という意味で、人間関係を円滑にしたり、社会の秩序を保つ為に取るべき態度のことです。

「エチケット」「作法」という意味で、しきたりやルールに従った所作のことです。

「マナーに反する」を使った例文と意味を解釈

「マナーに反する」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「マナーに反する」を使った例文1
  • 「マナーに反する」を使った例文2

「マナーに反する」を使った例文1

「挨拶をきちんとしないのはマナーに反する行為だ」

社会人として挨拶をきちんとしないのは、礼儀に欠ける行為だと言っています。

「マナーに反する」を使った例文2

「遅刻する時に連絡をしないのはマナーに反する」

遅刻しそうな時に先に会社に連絡を入れないのは礼儀に欠けると言っています。



「マナーに反する」の類語や類義語

「マナーに反する」の類語や類義語を紹介します。

  • 「デリカシーがない」【でりかしーがない】
  • 「無礼千万の」【ぶれいせんばんの】

「デリカシーがない」【でりかしーがない】

「神経のこまやかさがなく、人を傷つける様なことを平気でする人」という意味です。

「無礼千万の」【ぶれいせんばんの】

「これ以上ない程の度を超えた無礼な様子を非難する言葉」という意味です。

icon まとめ

「マナーに反する」「礼儀を欠いていて態度が悪い様子」「礼儀作法を欠いている様子」という意味です。

社会人として自覚が足りないと思う人に対して使いましょう。