意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「ちょっかい」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

この「ちょっかい」は、実際に使われている意味で覚えておけば問題ありません。

ちょっかい

Meaning-Book
「ちょっかい」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「ちょっかい」の意味とは?
  • 「ちょっかい」の表現の使い方
  • 「ちょっかい」を使った例文と意味を解釈
  • 「ちょっかい」の類語や類義語


「ちょっかい」の意味とは?

「ちょっかい」とは、「余計なこと」「しなくてもいいこと」と解釈するのがいいでしょう。

多くの人が普段の生活で幾度となく使っている言葉で、「お前はちょっかいを出すな」のような使われ方になります。

意味となる「余計なこと」などと置き換えることができる場合が多いですが、実は言葉本来の意味は全く違います。

その意味とは、「手などで何かを自分の方に引き寄せる」ことですが、実際にはそこから転じた解釈で、先のような意味で使われていることがほとんどです。



「ちょっかい」の表現の使い方

「ちょっかい」の表現の使い方を紹介します。

上のように、本来の意味は何かを自分に引き寄せることですが、そのような行為で引き寄せるまでいかない場合にも使われるようになり、序々に今の解釈になったと言われています。

よって、本来は「ちょっかい」を出す対象が欲しい為に行われるべきですが、特にそうではなく、単に余計なこととして行う場合にも使うことができます。(間違いになりません)。

「ちょっかい」を使った例文と意味を解釈

「ちょっかい」を使った例文と、その意味の解釈です。

元々は猫が本来の意味の行為を好んですることから生まれた言葉だと言われており、1600年代の書物に既にこの言葉の記載があるようです。

  • 「ちょっかい」を使った例文1
  • 「ちょっかい」を使った例文2

「ちょっかい」を使った例文1

「お前がちょっかいを出した所為で、台無しになったぞ」

その人物が余計なこと(手出し)をした為に、(恐らくそこまでうまくいっていたことが)台無しになってしまったと使っています。

手で行った場合でなくても使える言葉ですが、元の意味から「余計な手を出した」時によく用いられている傾向があると言えるかも知れません。

「ちょっかい」を使った例文2

「ワンバウンドにちょっかいを出してストライクになってしまった」

野球の話で、投手の投げた球がワンバウンドすれば、その時点でボールです。

しかし、「ちょっかい」としてバットを振ってしまうと、どんな球でもストライクの判定なってしまいます。

ワンバウンドすると分かるボールは、盗塁が絡んでいる場合などを除き、そのまま見逃しましょう。



「ちょっかい」の類語や類義語

「ちょっかい」の類語や類義語を紹介します。

少し解釈は違いますが、これを入れると使った時に「ちょっかい」と似た意味になります。

  • 「横やり」【よこやり】

「横やり」【よこやり】

当事者とは直接関係のない第三者が干渉してくることで、「変な横やりが入った」などと使われます。

そのような場合、その人物(や団体など)に「ちょっかい」を出されていると同じ意味になり、実に迷惑な話です。

icon まとめ

この「ちょっかい」は、本来の意味の方は「語源」だと考えて構わない言葉です。

実際に使われている方で覚えておけば何も問題ないでしょう。