意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「良書」とは?!意味を解説

「良書」と呼ばれる書籍でも、人によって評価が異なるものです。

良書

Meaning-Book
「良書」とは?!意味を解説>


目次

  • 「良書」とは?
  • 「良書」の概要


「良書」とは?

「良書」(りょうしょ)とは、「読むことで為になる本」と解釈してください。

よって、先のようにその人に為になるかはまちまちで、一般的にそのように表現されている書籍でも、人によっては全く読む必要がないかも知れません。



「良書」の概要

近年「良書」と呼ばれる多くは、ビジネスに関する本が多いです。

経済について、その分野の歴史についてといったもので、内容が優れていると判断されたものがこのように呼ばれています。

ですが、決して「専門書」の類いを指して使う言葉ではなく、読んでいて心が暖かくなるような本にもこの「良書」と呼ばれるものが多く存在します。

どんな意味であっても「為になる」と思えば、この言葉で表現できるということです。

icon まとめ

この「良書」に特に定義というものはなく、何かしらの為になったと判断できればそう称して構いません。

ただし、人によってその判断基準が異なる言葉なので、「良書」と紹介された本がその人には何の役にも立たない場合も少なからずあると考えておきましょう。