意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「猿叫」とは?!意味を解説

この「猿叫」は、その内容からこの言葉となっていることが分かります。

猿叫

Meaning-Book
「猿叫」とは?!意味を解説>


目次

  • 「猿叫」とは?
  • 「猿叫」の概要


「猿叫」とは?

「猿叫」「えんきょう」と発音し、剣術で太刀(刀)を振るう際の掛け声の1つで、雄叫びと表現した方が適当かも知れません。

「キエエエエエー!」といったようなものがそれで、猿の鳴き声に似ていることからそのように呼ばれています。



「猿叫」の概要

剣術には様々な流派がありますが、どの流派でもこの「猿叫」を発せられる訳ではなく、「示現流」から派生した流派に多く見られます。

有名なのは幕末に薩摩で広まった「薩摩示現流」で、それを会得した後、自らの考案で薬丸兼陳が広めた「薬丸自顕流」でもこの「猿叫」は健在です。

尚、「イヤァァァァー!」といった掛け声も剣術ではよく聞きますが、これは「猿叫」とは表現しません。

先のようなまるで猿のような雄叫びのみに使う言葉です。

icon まとめ

現在の剣道でも、時にはこの「猿叫」を発して戦うことがあります。

ただし、剣道には「流派」という考え方がない為、道場などのオリジナルのものだと解釈してください。