意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「やんわり言う」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

皆さんは「やんわりと言う」という表現を色々な場面で使われることがあるかと思います。

この言葉は、会話の中で「自分の伝えたいことをさりげなく言う」というニュアンスがあります。

今回は、この「やんわりと言う」について見ていきたいと思います。

やんわり言う

Meaning-Book
「やんわり言う」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「やんわりと言う」とは?意味
  • 「やんわり言う」の表現の使い方
  • 3 . 「やんわり言う」を使った例文と意味を解釈
  • 「やんわり言う」の類語や類義語


「やんわりと言う」とは?意味

「やんわりと言う」とは、「言いたいことをストレートに伝えるのではなく、遠回し伝えること」「きつい言葉を避けて、優しく言う」というような意味合いを持つ言葉です。



「やんわり言う」の表現の使い方

「やんわりと言う」「遠回しに相手に伝える」という意味がありますので、自分の気持ちや思いを相手の気分を害さずに言う時に使われることがあります。

3 . 「やんわり言う」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「やんわりと言う」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「やんわり言う」を使った例文1
  • 「やんわり言う」を使った例文2

「やんわり言う」を使った例文1

「部下の田中君には、彼の悪い点をやんわりと言うことで、欠点を克服するように指導した」

この例文はある上司が部下の田中君を指導している時のことです。

今の若いビジネスマンは、あまり厳しい口調で指示をすると、ひどく落ち込むことがあったり、パワハラで訴えられることがあるので、「やんわりと言う」ことに気を遣うことが、今時の上司の指導方法と言えます。

「やんわり言う」を使った例文2

「あまりにもストレートに言ってしまうと、彼女が怒ってしまうので、やんわりと言うことにした」

気の強い女性を相手に物事をストレートに言ってしまうと、泣くどころか、噛みつかれてしまうこともありそうです。

そんな時こそ「やんわりと言う」ことで、相手のプライドを傷付けずに納得刺せることができます。



「やんわり言う」の類語や類義語

「やんわりと言う」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのようなものがあるかを考えてみましょう。

  • 「含みを持たせる」【ふくみをもたせる】
  • 「仄めかす」【ほのめかす】

「含みを持たせる」【ふくみをもたせる】

「含みを持たせる」「やんわりと言う」に近い意味を持つ言葉の1つです。

「言葉に表には出てこない裏に何かしらの意味があるように思われること」という意味になります。

この言葉には、かなりののりしろ的な部分がありそうです。

「仄めかす」【ほのめかす】

「仄めかす」「やんわりと言う」の類義語として扱える言葉です。

「それとなく言葉や態度に表して相手に伝える」「匂わせる」などの意味で使われます。

icon まとめ

「やんわりと言う」という行動はまさに大人だからできる行動かもしれません。

ビジネスの世界では、物事をスムーズに進めるために、意図して無用なトラブルを避けようとします。

その時にあまりにも事実をストレートに伝えてしまうと、変な誤解が生じてしまい、上手く進むことも、たち行かなくなることになるでしょう。

そのために、「やんわりと言う」という行動を取ることで、仕事やプランをつつがなく進めることができるのです。