意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「目礼」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「目礼」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「目礼」という言葉の理解を深めていきましょう。

目礼

Meaning-Book
「目礼」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「目礼」の意味
  • 「目礼」の表現の使い方
  • 「目礼」を使った例文と意味を解釈
  • 「目礼」の類語や類義語


「目礼」の意味

「目礼」とは、声には出さずに、目と目を合わせて礼をする挨拶のことを言います。

  • 「目礼」の読み方

「目礼」の読み方

「目礼」の読み方は、「もくれい」になります。



「目礼」の表現の使い方

「目礼」を使った表現を紹介します。

「目礼」とは目と目を合わせて礼をするといった挨拶のことです。

通常であれば声を出して挨拶をすればいいのですが、声を出す場ではない時に知った顔を見た時などは「目礼」をするようにします。

相手の存在を無視することなく、また場の雰囲気を乱すこともなくと一石二鳥となります。

またそれほど親しくはないけれど、顔だけ知っているという場合も「目礼」が便利と言えるでしょう。

わざわざ会話するまでもないという時などに「目礼」だけしておくことで、印象が悪くなることを避けることもできます。

「知人に会ったので、目礼だけしておいた」「話すことはないので、目礼だけして通り過ぎた」「顔だけは知っているので一応目礼はしておいた」などと使います。

「目礼」を使った例文と意味を解釈

「目礼」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「目礼」を使った例文1
  • 「目礼」を使った例文2

「目礼」を使った例文1

「会議中で席を立つことは無理だったから、遠くから目礼をしておいた」

目と目が合った時に、声を出すことはないのですがお互いに礼をするということを「目礼」と言います。

何もしないで黙っていると印象が悪くなりますので、軽く笑顔で「目礼」することは人間関係において大事なことでもあります。

「目礼」を使った例文2

「彼女とは近所だけど、個人的に話したことはないです、会えば目礼を交わすぐらいのものです」

「目礼」とは目を合わせてお互いに礼をする、無言の挨拶のことです。

仲が良ければ、そこから立ち話などするものですが、それほど親しくない間柄、顔を知っている程度であれば例文のように「目礼」程度の付き合いという表現になります。



「目礼」の類語や類義語

「目礼」の類語や類義語を紹介します。

  • 「会釈」【えしゃく】
  • 「お辞儀」【おじぎ】

「会釈」【えしゃく】

「会釈」とは相手に対しての挨拶として、軽く頭を下げることを言います。

知らない相手でも「会釈」という行動をすることで場の雰囲気が和やかになるでしょう。

「知らない相手だったので、軽く会釈だけして通り過ぎた」「顔を合わせたなら、会釈ぐらいするのがマナーでしょう」などと使います。

「お辞儀」【おじぎ】

「お辞儀」とは頭を下げる挨拶のことを言います。

「目上の方なのでちゃんとお辞儀をしてください」「お互いに丁寧なお辞儀をした」などと使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「目礼」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。