意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「模倣」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「模倣」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「模倣」という言葉の理解を深めていきましょう。

模倣

Meaning-Book
「模倣」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「模倣」の意味
  • 「模倣」の表現の使い方
  • 「模倣」を使った例文と意味を解釈
  • 「模倣」の類語や類義語


「模倣」の意味

「模倣」とは、「何かを真似たり、偶然ではなく意識して似せること」を言います。

  • 「模倣」の読み方

「模倣」の読み方

「模倣」の読み方は、「もほう」になります。



「模倣」の表現の使い方

「模倣」を使った表現を紹介します。

「模倣」とは、真似をするという意味になります。

偶然に似ているということではなく、意識的に相手や物事に似せることを言うのです。

「模倣学習」と言いますのは、他の人がお手本となりその行動を真似して学ぶことです。

一方で「模倣犯」と言いますのは、犯罪を真似することですから悪い意味での真似となるわけです。

「模倣」の前後にどのような言葉があるかでいい意味なのか悪い意味なのかを判断するようにしましょう。

「模倣」を使った例文と意味を解釈

「模倣」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「模倣」を使った例文1
  • 「模倣」を使った例文2

「模倣」を使った例文1

「彼女は模倣することには長けているが、独創性がない以上これよりレベルアップするとは言えないだろう」

真似をすること、見習って似せることを「模倣する」と言います。

例文のように、似せることが上手であっても、その人なりの個性が出せないのであればある一定の線まではいけるのですがそれ以上は難しいということになります。

「模倣」を使った例文2

「何事も模倣から始めるのは大事だが、どこかで自分らしさを出していかなくてはいけない」

物事を始める時は、上手な人、お手本となるものを見て真似をすることが基本です。

しかし物作りなどにおいては、上達すれば、そこからは自分らしさを出していかねばなりませんし、芸術面であれば「模倣」しかできないことは厳しい言い方ですが才能がないということにもなるのです。



「模倣」の類語や類義語

「模倣」の類語や類義語を紹介します。

  • 「人真似」【ひとまね】
  • 「パクリ」【ぱくり】

「人真似」【ひとまね】

「人真似」とは、他の人の言動に似せることを言います。

例えば芸能人、有名人などに似ているそっくりタレントさんが、それに当たります。

ただ似ているだけでなく、その人なりのアイデアや個性でさらに面白さを出しているから面白いのでしょう。

「そっくりタレントは、人真似を大げさにすることでさらに面白くなる」「君、人真似ばかりじゃな駄目だ」などと使います。

「パクリ」【ぱくり】

「パクリ」とは人のアイデア、デザインなどを真似することを言います。

「彼のデザインは、〇〇のパクリと言われている」「上手くパクっているが、見る人が見ればバレバレだ」「アイデアが浮かばない、こうなったらパクるしかない」などと使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「模倣」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。