意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「DM」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「DM」という表現は「ツイッターでDMを送りました」「インスタのDMでやり取りしましょう」などの文章で使われますが、「DM」にはどのような意味合いがあるのでしょうか?

「DM」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

Meaning-Book
「DM」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「DM」の意味
  • 「DM」の表現の使い方
  • 「DM」を使った例文と意味を解釈
  • 「DM」の類語や類義語


「DM」の意味

「DM」という表現は、「ツイッター・インスタグラムなどのSNSで、第三者から閲覧されずに個別にコミュニケーションを取ることができるメッセージ機能」のことを意味しています。

「DM」というのは、「送信ユーザーと受信ユーザーのみが見ることのできる非公開メッセージ」「本人たちだけでコミュニケーションを取ることができるプライベートなメッセージ機能」を意味する表現なのです。

ツイッターでは「DM」、インスタ(インスタグラム)では「Instagam Direct」という名称で、この「DM(ダイレクトメッセージ)」の機能が実装されています。

またネット時代以前の「DM」「ダイレクトメール」の略称で、「個人の住所宛に直接郵送する宣伝広告の手紙・ハガキ」を意味していました。

  • 「DM」の読み方

「DM」の読み方

「DM」の読み方は、「ディーエム」になります。

「DM」を省略せずに読むと、「ダイレクトメッセージ」「ダイレクトメール(ハガキで広告・クーポンを送る時代からある言葉)」になります。



「DM」の表現の使い方

「DM」の表現の使い方を紹介します。

「DM」の表現の使い方は、「送信ユーザーと受信ユーザーのみが見ることのできる非公開メッセージ(複数のユーザーのグループでも使用可能)」を意味して使う使い方になります。

例えば、「詳しい内容はツイッターのDMでお知らせします」などの文章で、「DM」の表現を使用できます。

「DM」を使った例文と意味を解釈

「DM」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「DM」を使った例文1
  • 「DM」を使った例文2

「DM」を使った例文1

「プライベートな内容が多くなりますので、タイムラインではなくツイッターのDMでやり取りしましょう」

この「DM」を使った例文は、「DM」という表現を、「タイムラインではなくツイッターの非公開メッセージの機能でやり取りしましょう」という意味合いで使っています。

「DM」を使った例文2

「私に仕事を依頼してみたいと思ったクライアント様がいらっしゃいましたら、インスタのDMでお問い合わせください」 この「DM」を使った例文は、「インスタの個別にやり取りできるメッセージ機能でお問い合わせください」という意味を持つ文脈で、「DM」という表現を使用しています。



「DM」の類語や類義語

「DM」の類語や類義語を紹介します。

  • 「ダイレクトメッセージ」【だいれくとめっせーじ】
  • 「顧客宛の宣伝」【こきゃくあてのせんでん】

「ダイレクトメッセージ」【だいれくとめっせーじ】

「DM」という表現は、「本人同士(グループのメンバーだけ)で他人から閲覧されずにやり取りできる非公開のダイレクトメッセージ」の略称になっています。

その意味合いから、「DM」と実際に同じ意味合いを持っている類語(シソーラス)として、「ダイレクトメッセージ」という表現を上げることができるのです。

「顧客宛の宣伝」【こきゃくあてのせんでん】

「DM」という表現は、「ツイッターなどのSNSのダイレクトメッセージ」だけではなくて、「ネット時代以前に多かったハガキ・手紙の形式のダイレクトメール」という意味合いも持っています。

「ダイレクトメール」とは「顧客宛の宣伝広告の手紙」を意味する表現ですから、「DM」のやや古い時代の類義語として「顧客宛の宣伝」を指摘できます。

icon まとめ

この記事で解説した「DM」の表現には、「メッセージの送信者と受信者の間だけでやり取りできる非公開のメッセージ機能・ダイレクトメッセージ機能」の意味があります。

「DM」の類語・類義語として、「ダイレクトメッセージ」「顧客宛の宣伝」などがあります。

「DM」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。