意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「店頭買取」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

不用品を処分する時に「店頭買取」という言葉を耳にすることがあります。

一体どの様な意味なのか、類語や例文なども併せて紹介します。

Meaning-Book
「店頭買取」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「店頭買取」の意味
  • 「店頭買取」の表現の使い方
  • 「店頭買取」を使った例文と意味を解釈
  • 「店頭買取」の類語や類義語


「店頭買取」の意味

「店頭買取」の意味は、「不用品を直接店舗に持ち込み、その場で査定をして貰い納得をしたら引き取って貰うこと」です。

使わなくなったブランド品やコレクション性が高い品物を、買取り専門業者のお店まで持って行き売る時の表現です。

買取店には専門のスタッフがいて、その商品のブランドやデザイン、型番や状態により、査定を行います。

その金額に納得をしたら商品を渡してお金を貰うという不用品の処分方法の一つです。

  • 「店頭買取」の読み方
  • 「店頭」とは

「店頭買取」の読み方

「店頭買取」の読み方は、「てんとうかいとり」になります。

「買取」「買取り」「買い取り」などの送り仮名がありますが、複合名詞として使う時には「買取」になることが多くあります。

「店頭」とは

「店頭」とは、「店舗において接客する場所」という意味です。

昔はお店と言えば、入ったところにカウンターやショーケースがあり、奥からスタッフが出てきて接客をするタイプが多くありました。

その為にお客が足を踏み入れて店員と対面するところを「店頭」と言っていたのです。

しかし現在ではお店のデザインも様々で、店の奥まで商品を陳列しているところも多くあり、規模が小さい場合にはそのお店自体を「店頭」と呼ぶこともあるのです。



「店頭買取」の表現の使い方

「店頭買取」の表現の使い方を紹介します。

  • 文法的な使い方
  • 買取の手段として使う

文法的な使い方

「店頭買取」は名詞で、文末に使う時には動詞を伴って「店頭買取して貰う・して貰った」となったり、形容動詞として「店頭買取だ・である」になります。

「買取」をするのは業者ですので、売る側から見れば受け身形になります。

買取の手段として使う

「店頭買取」「店頭で買取をして貰うこと」という意味を、買取用語として省略した表現です。

買取をするのは業者で、お客は買取をして貰う、つまり売る側になります。

どちらかと言えば業者側に立った表現であり、買取業者のPR文などに使われています。

「店頭買取」を使った例文と意味を解釈

「店頭買取」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「店頭買取」を使った例文1
  • 「店頭買取」を使った例文2

「店頭買取」を使った例文1

「もう着ないブランド服があったのでまとめて店頭買取して貰った」

着なくなったブランド服をまとめて買取店に持ち込み、その場で買い取って貰ったことを表しています。

「店頭買取」を使った例文2

「宅配買取よりも店頭買取の方が安心だ」

買取には「宅配買取」という方法もありますが、入金トラブルなどがるので直接店舗に持ち込んだ方が安心であることを表しています。



「店頭買取」の類語や類義語

「店頭買取」の類語や類義語を紹介します。

  • 「リサイクルショップに持って行って売る」【りさいくるしょっぷにもっていってうる】
  • 「対面査定を受ける」【たいめんさていをうける】

「リサイクルショップに持って行って売る」【りさいくるしょっぷにもっていってうる】

「不用品を自宅近くのリサイクルショップに持ち込んで買い取って貰うこと」という意味です。

「対面査定を受ける」【たいめんさていをうける】

「店舗に持って行って査定士に目の前で見積もりをして貰うこと」という意味です。

icon まとめ

「店頭買取」「不用品を直接店舗に持ち込み、その場で査定をして貰い納得をしたら引き取って貰うこと」です。

不用品を処分する方法として覚えておきましょう。