意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「交える」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「交える」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「交える」という言葉を使った例文や、「交える」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「交える」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「交える」とは?意味
  • 「交える」の表現の使い方
  • 「交える」を使った例文や短文など
  • 「交える」の類語や類義語・言い換え


「交える」とは?意味

「交える」には、「付け加えて一つにすること」「加え入れる」という意味があります。

  • 「交える」の読み方

「交える」の読み方

「交える」の読み方は、「まじえる」になります。



「交える」の表現の使い方

「交える」の表現の使い方を紹介します。

「交える」は、「付け加えて一つにすること」「加え入れること」を意味します。

そこで、何かを付け加えて一つにしたり、加え入れる様子を見た時などに、「交える」という言葉を使ってみましょう。

例えば、仕事をする時、上司は私情を入れず、部下を公平に扱って欲しいと願うものではないでしょうか。

依怙贔屓をする上司に嫌われたら、仕事がしにくくなるためです。

そこで、このような思いを、「私情を交えず、仕事をする上司が欲しい」などと、「交える」という言葉を使って説明できます。

「交える」を使った例文や短文など

「交える」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「交える」を使った例文1
  • 「交える」を使った例文2

「交える」を使った例文1

「今後の社会について、学生を『交えて』討論する」

この例文は、今後の社会がどうなるか、どうして行けばいいかについて、学生を加えて話し合おうという文章になります。

このように「交える」は、「付け加えて一つにすること」「加え入れること」を意味します。

大人だけの意見ではなく、学生の意見を「交える」ことで、議論に広がりが出るかもしれません。

「交える」を使った例文2

「男性ばかりではなく、女性を『交えて』飲み会を開きたい」

この例文は、男性ばかりで飲み会をするのでなく、女性を加えて飲み会を開きたいという文章になります。

男性だけの飲み会も楽しいですが、いつもそうだと飽きてしまうかもしれません。

女性や異業種の人、年齢が違う人などを「交えて」飲み会を開くと楽しいかもしれません。



「交える」の類語や類義語・言い換え

「交える」の類語や類似を紹介します。

  • 「混ぜる」【まぜる】
  • 「加える」【くわえる】

「混ぜる」【まぜる】

「混ぜる」には、「あるものに他のものを加えること」という意味があります。

「コーヒーにミルクを混ぜる」という文章は、「コーヒーに、ミルクを加える」という意味になります。

「納豆にねぎを混ぜる」などという使い方をします。

「加える」【くわえる】

「加える」には、「すでにあるものに、さらに足して、数量を増やすこと」という意味があります。

「お風呂に水を加える」「条文を加える」などという使い方をします。

icon まとめ

「交える」という言葉について見てきました。

付け加えて一つにすることや、加え入れることについて話す時、「交える」という言葉を使ってみましょう。