意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「マクドナルド難民」とは?!意味や概要

「マクドナルド難民」という表現は「マクドナルド難民の発生は、現代の日本の深刻な経済格差の現れです」などの文章で使われますが、「マクドナルド難民」にはどのような意味があるのでしょうか?

「マクドナルド難民」という表現の「意味・概要・格差や貧困の社会問題との関係」について、分かりやすく解説していきます。

Meaning-Book
「マクドナルド難民」とは?!意味や概要>


目次

  • 「マクドナルド難民」とは?
  • 「マクドナルド難民」の概要:貧困や格差の問題・マクドナルドなど店舗側の対策


「マクドナルド難民」とは?

「マクドナルド難民」という表現は、「低所得・不安定雇用・無職・住所不定(部屋が借りられない)などの理由によって、マクドナルドなどの24時間営業の飲食店で夜を過ごす人、寝泊まりする人」のことを意味しています。

「マクドナルド難民」というスラング(俗語)が生まれる以前から、低所得・不安定雇用で賃貸物件が借りられなかったり家賃を節約しないと生活できなかったりという理由で、ネットカフェに寝泊まりする「ネットカフェ難民(ネカフェ難民)」が社会問題として取り上げられていましたが、「マクドナルド難民」「ネカフェ難民」よりも貧困が深刻なケースが多くなっています。

  • 「マクドナルド難民」の読み方

「マクドナルド難民」の読み方

「マクドナルド難民」の読み方は、「まくどなるどなんみん」になります。



「マクドナルド難民」の概要:貧困や格差の問題・マクドナルドなど店舗側の対策

「マクドナルド難民」とは、雇用が不安定だったり収入が少なかったりして、部屋を借りられずネットカフェの料金も払えないために、「マクドナルドなどの24時間営業の飲食店で一夜を過ごそうとする人たち」のことです。

「マクドナルド難民」は、「現代社会の格差・貧困・孤立の問題」が反映されたものであり、「若年層のホームレス化現象」とも深い関わりがあります。

しかし、マクドナルドなどの店舗にとっては「飲食をするためのスペースを、長時間にわたって不法占拠する迷惑な客」の位置づけになるので、最近では「寝ていると判断したらすぐ起こす・長時間滞在や寝る姿勢の禁止・深夜営業の短縮」などで対策が取られてきています。

icon まとめ

この記事で解説した「マクドナルド難民」の表現には、「定住する自宅がないため、24時間営業のマクドナルドなどのファストフードチェーンを使って夜を過ごそうとする人」などの意味があります。

「マクドナルド難民」の発生・存在は、現代の日本の貧困や格差、孤立、若年層のホームレス化の問題と深く相関しています。

「マクドナルド難民」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にして下さい。