意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「珍しくない」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

ビジネスや日常会話で「珍しくない」という言葉が使われることがあります。

一体どの様な意味なのか、類語や例文なども併せて紹介します。

Meaning-Book
「珍しくない」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「珍しくない」の意味
  • 「珍しくない」の表現の使い方
  • 「珍しくない」を使った例文と意味を解釈
  • 「珍しくない」の類語や類義語


「珍しくない」の意味

「珍しくない」の意味は「特に稀なものではないこと」です。

何かを見たり聞いたりした時に、今まで見聞きしたことが何度もあり、これからもその様な機会が多いと思われることを言います。

会話に使われる場合には、ありふれているものに対して「興味がない」「関心を持たない」という意味で使われます。

  • 「珍しくない」の読み方
  • 「珍しくない」を分解して解釈

「珍しくない」の読み方

「珍しくない」の読み方は、「めずらしくない」になります。

特に難しい漢字ではないので、読み書きできる様にしておきましょう。

「珍しくない」を分解して解釈

「珍しくない」「珍しく+ない」で成り立っています。

「珍しく」は動詞「珍しい」の連用形で、「見慣れない様子」「あまり例を見ないこと」「貴重なこと」「心が引かれること」「斬新で目新しいこと」という意味があります。

「ない」は打消しの助動詞で、「見慣れないことはない」「見慣れている」「例を見ないことはない」「よく見掛ける」「貴重ではない」「ありふれている」という意味で使われています。



「珍しくない」の表現の使い方

「珍しくない」の表現の使い方を紹介します。

  • 文法的な使い方
  • 特に感動しない時にも使う

文法的な使い方

「珍しくない」は打ち消しの助動詞が付いていますので、文末にそのまま使えます。

副詞として使う時には「珍しくなく」になります。

特に感動しない時にも使う

「珍しくない」は、あるものを見聞きして特に感動しない時に使われます。

ありふれたものを見聞きして、そのものごとに対して心が動かされない時の表現です。

「珍しくない」を使った例文と意味を解釈

「珍しくない」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「珍しくない」を使った例文1
  • 「珍しくない」を使った例文2

「珍しくない」を使った例文1

「この辺りでシカが目撃されるのは珍しくない」

閑静な住宅街ですが、エサを求めて山からシカが降りてきて、住宅街まで移動してくることがあり、よく見られる光景であることを表しています。

「珍しくない」を使った例文2

「女性のタクシードライバーも珍しくなくなった」

昔はタクシードライバーというと男性の仕事でしたが、最近では女性のドライバーもよく見掛ける様になったことを表しています。



「珍しくない」の類語や類義語

「珍しくない」の類語や類義語を紹介します。

  • 「間々あることだ」【ままあることだ】
  • 「有りがちな」【ありがちな】

「間々あることだ」【ままあることだ】

「ときどきある、よくあるなど、頻繁に発生すること」という意味です。

「間々」とは「物と物のすき間」を表し、「何かの合間ごとにあること」という意味からきています。

「有りがちな」【ありがちな】

「多くの人が今迄に経験したことがある状況」「よくある人の言動のこと」という意味です。

icon まとめ

「珍しくない」はは「特に稀なものではないこと」という意味です。

特に注意を引いたりや関心を持てないものに対して使いましょう。