意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「単体」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「単体」という表現は「この機器は単体でも使用可能です」「金は単体で貴金属として価値を持ちます」などの文章で使われますが、「単体」はどんな意味を持っているのでしょうか?

「単体」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

Meaning-Book
「単体」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「単体」の意味
  • 「単体」の表現の使い方
  • 「単体」を使った例文と意味を解釈
  • 「単体」の類語や類義語


「単体」の意味

「単体」という表現は、「単一の物体」「複数の物がある中での一つの物体」のことを意味しています。

「単体」という言葉には、「金・銀・ダイヤモンド・酸素など一種類の元素だけから構成されている物質」という意味合いもあります。

更に「単体」という言葉は、「グループ企業に含まれている一つ一つの会社」という意味も持っています。

  • 「単体」の読み方

「単体」の読み方

「単体」の読み方は、「たんたい」になります。



「単体」の表現の使い方

「単体」の表現の使い方を紹介します。

「単体」の表現の使い方は、「複数の物がある中での一つの物体」を指示して使うという使い方があります。

例えば、「この道具はセットではなく単体でも使うことができます」といった文章で使えます。

「単体」という言葉は、「一種類の元素だけで成り立つ物質」を指して使うこともあります。

例えば、「単体の純粋な金には高い資産価値があります」といった文章で使用されます。

また「単体」の表現は「その会社の単体決算の業績は素晴らしいものでした」のように、「グループ企業に含まれる一つの会社」の意味で使うこともできます。

「単体」を使った例文と意味を解釈

「単体」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「単体」を使った例文1
  • 「単体」を使った例文2

「単体」を使った例文1

「この機械は単体でも使用することはできますが、機能が少なくなるので他の周辺機器と接続して使ったほうが良いと思います」

この「単体」を使った例文は、「この機械は単一の物体としても(この機械一つだけでも)使用することはできますが」という意味を持つ文脈で、「単体」という表現を使っています。

「単体」を使った例文2

「金・銀・ダイヤモンドのような単体の物質は、他の元素が不純物として混ざっていないからこそ高い経済価値を持っているのです」

この「単体」を使った例文は、「単体」という表現を、「金・銀・ダイヤモンドのような一種類の元素だけから構成されている物質」という意味合いで使用しています。



「単体」の類語や類義語

「単体」の類語や類義語を紹介します。

  • 「個体」【こたい】
  • 「元素」【げんそ】

「個体」【こたい】

「個体」という表現は、「生存のために必要十分な機能・構造を持っている独立した一個の生物体(生命体)」「それ以上分割することができない単一の統合体」を意味しています。

その意味合いから、「複数の物がある内の単一の物体」を意味する「単体」と良く似た類語(シソーラス)として、「個体」を指摘できます。

「元素」【げんそ】

「元素」という言葉は、「化学において物質を構成している根本的な物質の要素」「物質を構成している特定の性質を持つ原子の種類」を意味しています。

「単体」とは、「単一の元素だけから成り立っている金・銀のような物質」を意味する言葉です。

それらの意味から、「単体」と類似の意味を持つ類義語として、「元素」を上げられます。

icon まとめ

この記事で紹介した「単体」の表現には、「複数ある物のうちの一つの物」「一種類の元素だけから構成されている金・銀のような物質」などの意味があります。

「単体」の類語・類義語として、「個体」「元素」などがあります。

「単体」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。