意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「罪扱い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「罪扱い」という表現は「些細な行動をしただけで罪扱いされました」「罪扱いを受けると不安な気持ちになります」などの文章で使われますが、「罪扱い」にはどのような意味があるのでしょうか?

「罪扱い」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

Meaning-Book
「罪扱い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「罪扱い」の意味
  • 「罪扱い」の表現の使い方
  • 「罪扱い」を使った例文と意味を解釈
  • 「罪扱い」の類語や類義語


「罪扱い」の意味

「罪扱い」という表現は、「ある行為・発言などを犯罪として扱うこと」「罪のある行為と見なすこと」を意味しています。

「罪扱い」というのは、実際に犯罪である場合も犯罪ではない場合も含めて、「人のある言動・発言・行為などを罪のあるもの(犯罪)として解釈したり処遇したりすること」を意味している表現なのです。

  • 「罪扱い」の読み方

「罪扱い」の読み方

「罪扱い」の読み方は、「つみあつかい」になります。



「罪扱い」の表現の使い方

「罪扱い」の表現の使い方を紹介します。

「罪扱い」という表現は、「人のある行為・発言などを犯罪として扱う場合(犯罪として解釈する場合)」に使うという使い方になります。

例えば、「ちょっと電車が揺れて身体が偶然触れただけなのに、まるで私が犯罪者であるかのように罪扱いされても困ります」といった文章で使用することができます。

「罪扱い」を使った例文と意味を解釈

「罪扱い」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「罪扱い」を使った例文1
  • 「罪扱い」を使った例文2

「罪扱い」を使った例文1

「私がロッカールームで窃盗をしたのだと罪扱いされたので、その職場に居続けることができませんでした」

この「罪扱い」を使った例文は、「罪扱い」という表現を、「私が窃盗をしたかのように罪のある行為として解釈(処理)されたので」という意味を持つ文脈で使っています。

「罪扱い」を使った例文2

「客観的な証拠もないのに何でもかんでも疑って罪扱いすれば、逆に誹謗中傷の名誉毀損で訴えられる可能性もあります」

この「罪扱い」を使った例文は、「客観的な証拠もないのに何でもかんでも疑って犯罪として扱えば」という意味合いで、「罪扱い」という表現を使用しています。



「罪扱い」の類語や類義語

「罪扱い」の類語や類義語を紹介します。

  • 「嫌疑」【けんぎ】
  • 「冤罪」【えんざい】

「嫌疑」【けんぎ】

「嫌疑」という表現は、「何か悪いことをしたのではないかと疑うこと」「何らかの犯罪をしたのではないかと疑うこと」を意味しています。

その意味合いから、犯罪(罪のある行為)として解釈・処理することを示す「罪扱い」と似た類語(シソーラス)として、「嫌疑」を指摘できます。

「冤罪」【えんざい】

「罪扱い」という表現には、「実際に犯罪をしていなくても、犯罪をしたものとして扱われること」の意味合いがあります。

「冤罪」という言葉は、「本当は無実なのに、犯罪者として扱われてしまうこと」を意味しています。

それらの意味から、「冤罪」という表現は、「罪扱い」の類義語として解釈できます。

icon まとめ

この記事で説明した「罪扱い」の表現には、「人のある行動・発言・関係などを、罪のあるもの(犯罪)として解釈したり処理したりすること」などの意味があります。

「罪扱い」の類語・類義語として、「嫌疑」「冤罪」などがあります。

「罪扱い」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。