意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「地位」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「地位」という表現を使ったことがあるでしょうか。

ここでは「地位」という言葉について詳しく紹介していきます。

Meaning-Book
「地位」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「地位」の意味
  • 「地位」の表現の使い方
  • 「地位」を使った例文と意味を解釈
  • 「地位」の類語や類義語


「地位」の意味

「地位」というのは「位」「身分」という意味になります。

「果たす役割の位」という意味であり、「社会や集団の中での身分や立場、処遇や役割」ということです。

「社会や集団で目標、規範や価値、基準等によって一定の形に配列されている人々の位置」を指しており、上下や優劣などの価値があります。

その役割の配列されている位置の構造的状態を指しているため、「役割」とは異なります。

  • 「地位」の読み方

「地位」の読み方

「地位」の読み方は、「ちい」になります。

日常的にも使われる表現ですのでぜひ覚えておきましょう。



「地位」の表現の使い方

「地位」の表現の使い方を紹介します。

社会的に認められた仕事をしていたり、社会的に褒められるような立場にある場合、「社会的な地位が高い」などと言われることもあります。

また、最近では「帰属的地位」よりも「業績的地位」が重要だと言われることもあり、社会においても自分の業績を積み上げていかなければいけません。

家柄や親の職業等によって幼い頃から「地位が高い」ということもあるかもしれません。

「地位」を使った例文と意味を解釈

「地位」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「地位」を使った例文1
  • 「地位」を使った例文2

「地位」を使った例文1

「あの人は自分の地位に固執しているが、それ以外には何もない」

確かに、社会的に認められる「地位」を持っていると誇りに思えるかもしれません。

しかし、人間は他の人のことを意外に冷静に見ていますので、自分の「地位」だけに固執してしまうと、周りから白い目で見られてしまう可能性もあります。

特にそれが親から与えられた職業であったり、親から譲られた財産等で「地位」が与えられた場合、「あの人には力がない」などと思われてしまう可能性もありますので、向上心も忘れないようにしなければいけないといえます。

「地位」を使った例文2

「彼は自分の地位をわかっていない」

自分のことを過大評価してしまうと、自分の立ち位置を見誤ってしまうということもあるかもしれません。

「地位」には上下、優劣などもありますので、これを見誤ってしまうと自分の「地位」をしっかり理解していないということになってしまいます。

会社等では自分の「地位」をしっかりと理解しておかなければいけません。



「地位」の類語や類義語

「地位」の類語や類義語を紹介します。

  • 「ポスト」【ぽすと】
  • 「身分」【みぶん】

「ポスト」【ぽすと】

「ポスト」というのは「地位」「職」という意味です。

「あの人はおいしいポストについた」などと使われます。

「身分」【みぶん】

「身分」というのは「その人がその社会や団体の中で身を置く地位」という意味になります。

「身分証明書」などと言います。

icon まとめ

「地位」は日常的に使われる表現ですのでぜひ覚えておきましょう。

「地位」に固執しないようにしたいものです。