意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「手法」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「手法」という表現は「この芸術の手法は画期的です」「どんな手法を使っているのでしょうか?」などの文章で使われますが、「手法」にはどのような意味があるのでしょうか?

「手法」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

Meaning-Book
「手法」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「手法」の意味
  • 「手法」の表現の使い方
  • 「手法」を使った例文と意味を解釈
  • 「手法」の類語や類義語


「手法」の意味

「手法」という表現は、「物事のやり方」「何らかの目的を達成するための方法・技巧的な手段」のことを意味しています。

さらに「手法」というのは、「絵画・彫刻・オブジェ・書などの芸術作品を制作する時の表現方法やテクニカルな技法」のことを意味している表現なのです。

  • 「手法」の読み方

「手法」の読み方

「手法」の読み方は、「しゅほう」になります。



「手法」の表現の使い方

「手法」の表現の使い方を紹介します。

「手法」の表現は、「物事全般のやり方・方法・手段(手立て)」を指して使うという使い方になります。

例えば、「この問題を、独自の手法で解決してみせます」といった文章で使えます。

また「手法」という表現は、「各種の芸術作品をつくる時の表現方法」の意味合いで使うことができます。

例えば、「抽象的な描画の手法を用いました」などの文章で使われます。

「手法」を使った例文と意味を解釈

「手法」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「手法」を使った例文1
  • 「手法」を使った例文2

「手法」を使った例文1

「うつ病・パニック障害などの精神障害を治療するための精神医学的な手法には、さまざまな種類があります」

この「手法」を使った例文は、「手法」という表現を、「うつ病・パニック障害などの精神障害を治療するための精神医学的なやり方(手段)には」という意味合いで使っています。

「手法」を使った例文2

「絵画を描く時の手法にはキュビズムのように極端に抽象的なものもあれば、写実性の高い具象的なものもあります」

この「手法」を使った例文は、「絵画を描く時の表現方法(技法)には」という意味を持つ文脈で、「手法」という表現を使用しています。



「手法」の類語や類義語

「手法」の類語や類義語を紹介します。

  • 「技法」【ぎほう】
  • 「方法」【ほうほう】

「技法」【ぎほう】

「手法」という表現は、「絵画・彫刻・版画などの芸術作品を制作する時の技法」を意味しています。

「技法」というのは、「技術的な手法・テクニカルな方法」を意味している表現です。

その意味合いから、「手法」とほとんど同じような意味を持つ類語(シソーラス)として、「技法」の表現を上げられます。

「方法」【ほうほう】

「手法」という言葉は、「物事のやり方」「目的を達成するための方法・技巧」のことを意味しています。

「方法」というのは、「物事を行う時のやり方・仕事の進め方」などを意味している表現です。

この意味から、「手法」と近しい類似の意味を持つ類義語として、「方法」という表現を指摘できるのです。

icon まとめ

この記事で解説した「手法」の表現には、「物事のやり方・目標達成(課題克服)のための方法」「絵画・彫刻のような芸術作品をつくる時の表現方法・技術的要素の強い技法」などの意味があります。

「手法」の類語・類義語として、「技法」「方法」などがあります。

「手法」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。