意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「徹底」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「徹底」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「徹底」という言葉を使った例文や、「徹底」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「徹底」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「徹底」とは?意味
  • 「徹底」の表現の使い方
  • 「徹底」を使った例文や短文など
  • 「徹底」の類語や類義語・言い換え


「徹底」とは?意味

「徹底」には、「中途半端では無くとことんこなすこと」という意味があります。

また「徹底」「隅々まで行届くこと」を意味します。

  • 「徹底」の読み方

「徹底」の読み方

「徹底」の読み方は、「てってい」になります。



「徹底」の表現の使い方

「徹底」の表現の使い方を紹介します。

「徹底」は、「中途半端では無くとことんこなすこと」を意味します。

例えば、女性と付き合わずに、仕事に専念すると決めている男性がいるとします。

この男性が、素敵な女性からデートに誘われても断り、資産家の女性から告白されても、無視するような時、彼のポリシーは中途半端でなく、一貫していると言えます。

そのため、「彼のポリシーは徹底している」などと「徹底」という言葉を使って表現できます。

また「徹底」「隅々まで行届くこと」を意味します。

例えば、仕事をする時に、報告、連絡、相談という、報連相を、社員に徹底させる会社があるかもしれません。

このような会社が、社員の隅々まで、報連相を行届かせている時、「報連相を徹底している会社」などと、「徹底」という言葉を使い表現できます。

「徹底」を使った例文や短文など

「徹底」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「徹底」を使った例文1
  • 「徹底」を使った例文2

「徹底」を使った例文1

「まともに打ち合わず『徹底』して距離を取って勝ちに行くボクサー」

この例文は、ボクシングの試合で、強打の相手とまともに打ち合わず、足を使って距離を取ってポイントを取りに行くスタイルを、中途半端でなく一貫してするボクサーという意味があります。

このように「徹底」には、「中途半端でなく一貫していること」という意味があります。

色気を出して、打ち合いをすると、思わぬ反撃に遭うかもしれず、「徹底」するほうが確実かもしれません。

「徹底」を使った例文2

「右打ちで投手を攻略することを、選手に『徹底』させる」

この例文は、野球の試合で投手を攻略する方法として、向かって右側に打球を飛ばすよう、隅々まで指示を出す様子を文章にしたものです。

このように「徹底」「隅々まで行届くこと」を意味します。

このような作戦を「徹底」させることで、チーム全体で投手を攻略できるかもしれません。



「徹底」の類語や類義語・言い換え

「徹底」の類語や類似を紹介します。

  • 「一貫」【いっかん】
  • 「行き渡らせる」【いきわたらせる】

「一貫」【いっかん】

「一貫」には「ひとつの態度や方針などを最初から最後まで貫き通す」という意味があります。

「一貫して、Aという意見を言い続ける」という文章は、「Aという意見を、初めから終わりまで言い続ける」という意味になります。

「一貫性がある人」などという使い方をします。

「行き渡らせる」【いきわたらせる】

「行き渡らせる」は、「一つの考えや指示などを隅々までに普及させる」という意味があります。

「指示を行き渡らせる」「きちんとした身だしなみを行き渡らせる」などという使い方をします。

icon まとめ

「徹底」という言葉について見てきました。

中途半端でなく一貫している様子を言葉にする時、隅々まで行届くことを一言でいう時、「徹底」という言葉を使ってみましょう。