意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「縮む」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「縮む」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「縮む」という言い回しについて詳しく紹介していきます。

Meaning-Book
「縮む」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「縮む」の意味
  • 「縮む」の表現の使い方
  • 「縮む」を使った例文と意味を解釈
  • 「縮む」の類語や類義語


「縮む」の意味

「縮む」というのは「隙間が詰まったり中身が少なくなったりして面積や体積が小さくなる」という意味です。

「期間や時間が短くなる」という時にも使われ、「寿命が縮む」などと言われることもあります。

また、「恐れや緊張などで体や気持ちが小さくなる」という時にも使われ、「身の縮む思い」などと使ったことがある人もいるのではないでしょうか。

あるいは「縮れる」という意味もあります。

  • 「縮む」の読み方

「縮む」の読み方

「縮む」の読み方は、「ちぢむ」になります。

「ちじむ」ではありませんので気をつけましょう。



「縮む」の表現の使い方

「縮む」の表現の使い方を紹介します。

スポーツなどでタイムを計るとき、もしも短い時間で走りきったなどという場合は「タイムが縮む」といいます。

時間が経つに従って「風船が縮んでしまう」ということもあるでしょう。

何かショックを受けて「寿命が縮んだ」と感じることもあるのではないでしょうか。

何か恐怖があり、「肝が縮む」と表現することもあります。

「縮む」を使った例文と意味を解釈

「縮む」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「縮む」を使った例文1
  • 「縮む」を使った例文2

「縮む」を使った例文1

「洗濯の仕方を誤り、セーターが縮んでしまいました」

洗濯のやり方を間違えてしまったことでセーターが「縮んで」しまったなどと悩む人もいるのではないでしょうか。

確かに、洗剤の入れ方や洗濯の設定を間違えてしまうと、洋服が「縮んで」しまうということになりかねません。

洗濯をするときには何を入れているのか、そして設定を間違えないように気をつける必要があります。

「縮む」を使った例文2

「子供が怪我をしたと学校から連絡があり、寿命が縮みました」

子供が大怪我をしたなどと学校から連絡があると、親としては「寿命が縮んだ」と感じるのではないでしょうか。

もしも病院に行かなければならなかったということであればその恐怖はなおさらです。

子供は怪我をするものですが、その連絡を聞く親としてはなかなか辛いところがあります。



「縮む」の類語や類義語

「縮む」の類語や類義語を紹介します。

  • 「切り詰める」【きりつめる】
  • 「狭める」【せばめる】

「切り詰める」【きりつめる】

「切り詰める」というのは「1部分を切って短くする」という意味もありますし、「経費などを節約する」という意味もあります。

「食費を切り詰めている」という人もいるのではないでしょうか。

「狭める」【せばめる】

「狭める」というのは「間隔を詰める」という意味です。

例えば車を運転している時も、「前の車との感覚を狭める」などと使えます。

また、「肩身の狭い思いをさせる」という意味で使われることもあります。

icon まとめ

「縮む」という表現は日常的にも使われます。

ぜひ覚えておきましょう。

洋服などが「縮まないように」、普段から手入れを忘れないようにしておきたいものです。