意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「代案」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「代案」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「代案」という言葉を使った例文や、「代案」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「代案」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「代案」とは?意味
  • 「代案」の表現の使い方
  • 「代案」を使った例文や短文など
  • 「代案」の類語や類義語・言い換え


「代案」とは?意味

「代案」には、「ある案の代わりとなる案」という意味があります。

  • 「代案」の読み方

「代案」の読み方

「代案」の読み方は、「だいあん」になります。



「代案」の表現の使い方

「代案」の表現の使い方を紹介します。

「代案」は、「ある案の代わりとなる案」を意味します。

そこで、ある案の代わりに、違う案を出す様子を見た時などに、「代案」という言葉を使ってみましょう。

例えば海外旅行に行くことにした時、一つのプランでは、気候や国際情勢により実施が難しくなるかもしれません。

そこで、違うプランを代わりに出し、前のプランを実行できなくなる状況に備えるかもしれません。

このような様子を、「海外旅行のプランに、代案を出し、万が一の時に備える」などと、「代案」という言葉を使って説明できます。

「代案」を使った例文や短文など

「代案」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「代案」を使った例文1
  • 「代案」を使った例文2

「代案」を使った例文1

「最高の案ではないが、『代案』もないため、実行する」

この例文は、最高の案ではないが、代わりとなる案が出てこないため、実行に移すという文章になります。

このように「代案」には、「ある案の代わりとなる案」という意味があります。

仕方なく一つの案を実行するようなことにならないよう、いくつかの「代案」を作っておく必要があるかもしれません。

「代案」を使った例文2

「企画案を作った後で、さらに『代案』をいくつか用意する」

この例文は、企画書を一つ作った後で、さらに代わりの企画をいくつか作るという文章になります。

このように「代案」をいくつか作ることで、元の企画書と比較できます。

客観的にどの企画が優れているか理解できるようになるかもしれません。

また「代案」を作って提出することで、もとの企画案が優れていることを証明できるかもしれません。



「代案」の類語や類義語・言い換え

「代案」の類語や類似を紹介します。

  • 「次善」【じぜん】
  • 「オプション」【おぷしょん】

「次善」【じぜん】

「次善」は、「最善ではないが、それに次ぐものであること」を意味します。

「次善の手を打つ」には「最善ではないが、それに次ぐ手を打つ」という意味があります。

「次善策」「次善を選ぶ」などという使い方をします。

「オプション」【おぷしょん】

「オプション」「選択権」「自由選択」という意味があります。

「オプションを付ける」などという使い方をします。

icon まとめ

「代案」という言葉について見てきました。

ある案の代わりに出す案を一言で言い表す時、「代案」という言葉を使ってみましょう。