意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「赤らむ」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「赤らむ」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「赤らむ」という言葉を使った例文や、「赤らむ」の類語を紹介して行きます。

赤らむ

Meaning-Book
「赤らむ」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「赤らむ」とは?意味
  • 「赤らむ」の表現の使い方
  • 「赤らむ」を使った例文や短文など
  • 「赤らむ」の類語や類義語・言い換え


「赤らむ」とは?意味

「赤らむ」には、「興奮や照れなどにより、顔が赤くなること」という意味があります。

また「果実やつぼみなどが、赤みを帯びること」を意味します。

  • 「赤らむ」の読み方

「赤らむ」の読み方

「赤らむ」の読み方は、「あからむ」になります。



「赤らむ」の表現の使い方

「赤らむ」の表現の使い方を紹介します。

「赤らむ」は、「興奮や照れなどにより、顔が赤くなること」を意味します。

例えば、好きな異性が近くに来た時、意識し過ぎて照れてしまうタイプの人がいます。

このような人は顔が赤くなってしまうため、「好きな異性が近くに来たため、顔が赤らむ」などと「赤らむ」という言葉を使えます。

また「果実やつぼみなどが、赤みを帯びること」を意味します。

例えば、リンゴの実が実り、緑から赤みを帯びて行く様子を見た時、「リンゴが赤らむ」などと、「赤らむ」という言葉を使ってみましょう。

  • 「赤らむ」と「明らむ」の違い

「赤らむ」と「明らむ」の違い

【赤らむ】赤くなる。
顔が赤らむ。夕焼けで西の空が赤らむ。

【明らむ】明るくなる。
日が差して部屋の中が明らむ。次第に東の空が明らんでくる。


「赤らむ」を使った例文や短文など

「赤らむ」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「赤らむ」を使った例文1
  • 「赤らむ」を使った例文2

「赤らむ」を使った例文1

「悪口を言われて興奮した人の、顔が『赤らむ』のが分かる」

この例文は他人に悪口を言われた人が、興奮して、顔が赤くなっていくのが分かるという文章になります。

このように「赤らむ」は、「興奮や照れなどにより、顔が赤くなること」を意味します。

起こっている人は、顔面に血が集まるためか、「赤らむ」ことがあります。

「赤らむ」を使った例文2

「野山を歩いていると、『赤らむ』木の実をみつけられる」

この例文は野山をハイキングしている人は、木の実が赤みを帯びている様子を見つけられるという文章になります。

このように「赤らむ」は、「果実やつぼみなどが、赤みを帯びること」を意味します。



「赤らむ」の類語や類義語・言い換え

「赤らむ」の類語や類似を紹介します。

  • 「赤面する」【せきめんする】
  • 「火照る」【ほてる】

「赤面する」【せきめんする】

「赤面する」「赤い顔になること」を意味します。

また「恥じて顔を赤らめること」という意味があります。

「ズボンをはき忘れて家を出てしまい、赤面する」などという使い方をします。

「火照る」【ほてる】

「火照る」「顔や体が熱くなること」を意味します。

「お酒を飲んで、顔が火照る」という文章は、「お酒を飲んだことが原因で、顔が熱くなる」という意味があります。

「風呂上りに体が火照る」などという使い方をします。

icon まとめ

「赤らむ」という言葉について見てきました。

興奮や照れなどにより、顔が赤くなることについて話す時、また、果実やつぼみなどが、赤みを帯びることについて話す時、「赤らむ」という言葉を使ってみましょう。