意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「適応」とは?意味や使い方!例文や解釈

「適応」という表現は「新しい人間関係に適応する」「生物は環境に適応したものが適者生存で生き残ってきた」などの文章で使われますが、「適応」にはどのような意味があるのでしょうか?

「適応」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・反対語・類義語・英語」などについて、詳しく解説していきます。

Meaning-Book
「適応」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「適応」とは?
  • 「適応」の表現の使い方
  • 「適応」を使った言葉と意味を解釈
  • 「適応」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「適応」の反対語
  • 「適応」の類語や類義語・言い換え
  • 「適応」の英語と解釈


「適応」とは?

「適応」という表現には、大きく3つの意味があります。

「適応」という表現はまず、「その場の状況・状態・条件などによく当てはまっていること」を意味しています。

「適応」の二つ目の意味は、「人間が外部の環境変化に合わせるようにして、自らの行動・認知(考え方)を変えていくこと」になります。

「適応」の三つ目の意味は、「生物が外的環境の変化に適して生きるために、自らの形質(形態・生理的性質)を変容させる」というダーウィンの進化論を前提にした意味合いになります。

  • 「適応」の読み方

「適応」の読み方

「適応」の読み方は、「てきおう」になります。



「適応」の表現の使い方

「適応」の表現の使い方は、「子供の能力や成長段階に適応した教室を選ぶ」のように、「ある状態・条件などによく該当する場合」に使う使い方になります。

「転職した仕事に適応する努力をしています」のように、「人間が外的環境の変化に適して、自分の行動・認知・意識を変容させていく場合」にも、「適応」という表現を使えます。

更に、「生物の形質に、その環境で生きるのに適した遺伝的な変化が発生する時」という進化論を前提にした意味合いで使うという使い方もあります。

「適応」を使った言葉と意味を解釈

「適応」を使った言葉を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「適応する」【てきおうする】
  • 「環境適応」【かんきょうてきおう】
  • 「適応障害」【てきおうしょうがい】

「適応する」【てきおうする】

「適応する」という表現は、「人間が新しい外的な環境・関係に合わせる形で、自らの行動・考え方を変えること」「外的な環境変化に適して、生物が自らの形質を漸進的に変容させる進化論的な現象が起こること」を意味しています。

例えば、「新しい上司との人間関係に適応してやっていかなければいけません」のような文章で使われます。

「環境適応」【かんきょうてきおう】

「環境適応」という言葉は、「生物(個人)が外的な環境に合わせて、自らの形態・性質(行動・認知)を変えること」を意味しています。

例えば、「自然界では環境適応に大きく失敗した生物の種には、自然の摂理でもある冷酷な絶滅の運命が待ち受けているのが常でした」といった文章で使用できます。

「適応障害」【てきおうしょうがい】

「適応障害」という表現は、「環境・人間関係に自分の気持ち・言動を上手く合わせられないために発症することがある不安感・恐怖感・パニック・自律神経失調症状などを示す精神障害の一種」を意味しています。

例えば、「いきなりパニック発作に襲われたりもする適応障害という精神疾患の苦しみは、その病気を経験した人でないと分からない部分があります」といった文章で使われます。



「適応」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「適応」を使った例文・短文などを紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「適応」を使った例文1
  • 「適応」を使った例文2

「適応」を使った例文1

「救急救命士である彼は、交通事故の現場でその状況に適応した救急措置をテキパキと行いました」

この「適応」を使った例文は、「交通事故の現場でその状況によく当てはまる適切な救急措置」という意味で、「適応」の表現を使っています。

「適応」を使った例文2

「毎日の仕事を気持ちよくこなせるかは、職場の人間関係に上手く適応できるかどうかにかかっています」

この「適応」を使った例文は、「職場の人間関係に上手く合わせて、自分の意識・行動を変えられるかどうかにかかっている」という意味合いで、「適応」という表現を使用しています。

「適応」の反対語

「適応」の反対語を紹介して、その意味を説明していきます。

  • 「不適応」【ふてきおう】

「不適応」【ふてきおう】

「適応」の反対語として、「不適応」を上げられます。

「不適応」という表現は、「特定の状況・環境・条件などに上手く当てはまらないこと」「人間が外的な環境・人間関係に応じて、自らの行動・認知(考え方)を上手く変えられずに困難・問題が生じること」を意味しています。

その意味合いから、「特定の状況・環境・条件などによく当てはまること」「人間が外的な環境・関係に適して、自分の行動・認知(考え方)を柔軟に変えること」を意味する「適応」とは正反対の意味を持つ反対語として、「適応」を指摘できるのです。

「適応」の類語や類義語・言い換え

「適応」の類語・類義語・言い換えを紹介して、その意味を解説していきます。

  • 「順応・適合」
  • 「調節・馴致」
  • 「適用・該当」

「順応・適合」

「順応」という表現は、「生物がその環境に応じた形質へと変化していく現象」を意味しています。

「適合」というのは、「特定の状態・条件などに適切に当てはまること」を意味する言葉です。

その意味合いから、生物が外的環境に応じて形質を変化させることなどを意味する「適応」という表現は、「順応・適合」という表現で言い換えられるケースがあるのです。

「調節・馴致」

「調節」という言葉は「物事の具合が良くなるように整えること」を意味していて、「馴致」という言葉は「ある環境・状況の変化に次第になじんでいくこと」を示しています。

これらの意味から、「人が外部環境に合わせて自分の言動・気持ちを整えること」を示す「適応」と良く似た意味を持つ類語(シソーラス)として、「調節・馴致」の表現を上げられます。

「適用・該当」

「適用」という表現は「ある状況・条件などに適切に当てはまって利用できること」を意味しています。

「該当」という言葉の意味は、「一定の条件・基準に当てはまること」になります。

その意味から、特定の状態・状況・条件によく当てはまるさまを示す「適応」と類似の意味を持つ類義語として、「適用・該当」を指摘できます。

「適応」の英語と解釈

「適応」という言葉を英語で書き表して、その意味を解釈していきます。

“adapt, adaptation”(適応させる・適用する・適応・適用)

“adjust, adjustment”(調節する・合わせる・調節・適応)

“be adapted to~, be suitable for~”(~に合わせる・~に適応する)

“She was suffered from not being able to adapt to a new relationship.”

「適応」という言葉を使ったこの英語の例文は、「彼女は新しい人間関係に適応できずに苦しみました」ということを意味しています。

icon まとめ

この記事で解説した「適応」の表現には、「その場の状況・状態・条件などによく当てはまること」「生物が環境に応じて自らの形態・生理・機能を漸進的に変化させていく進化論的な現象」などの意味があります。

「適応」の類語・類義語・言い換えとして、「順応・適合」「調節・馴致」「適用・該当」などがあります。

「適応」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。