意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「低迷期」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「低迷期」という表現は「成績が伸びない低迷期に長く苦しみました」などの文章で使われますが、「低迷期」とはどのような意味を持つ言葉なのでしょうか?

「低迷期」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

Meaning-Book
「低迷期」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「低迷期」の意味
  • 「低迷期」の表現の使い方
  • 「低迷期」を使った例文と意味を解釈
  • 「低迷期」の類語や類義語


「低迷期」の意味

「低迷期」という表現は、「全般に調子が良くなくて成果もでない時期」「成績・結果・調子などが低い状態で推移している時期」を意味しています。

「低迷期」というのは、「調子・成績が良くなくて、本来の力を発揮できない状態から抜け出せない時期」を意味している表現です。

  • 「低迷期」の読み方

「低迷期」の読み方

「低迷期」の読み方は、「ていめいき」になります。



「低迷期」の表現の使い方

「低迷期」の表現の使い方を紹介します。

「低迷期」という表現は「この選手は半年以上の低迷期に喘ぎましたが、ようやく本来の調子が出てきました」の文章のように、「全般に調子が良くなくて成果(良い結果)もでない時期・成績が振るわない期間」を指して使うという使い方になります。

「低迷期」を使った例文と意味を解釈

「低迷期」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「低迷期」を使った例文1
  • 「低迷期」を使った例文2

「低迷期」を使った例文1

「どんなに素晴らしいプロスポーツ選手でも、自分の思い通りのプレイができない低迷期を経験することがあります」

この「低迷期」を使った例文は、「低迷期」という表現を、「自分の思い通りのプレイができない調子・成績・結果が落ち込んでしまう時期」という意味を持つ文脈で使っています。

「低迷期」を使った例文2

「家族や友人の支えもあって、ようやく仕事の低迷期を抜け出すことができました」

この「低迷期」を使った例文は、「ようやく調子が悪くて仕事の成績(結果)も振るわない時期を抜け出すことができた」という意味合いで、「低迷期」の表現を使用しています。



「低迷期」の類語や類義語

「低迷期」の類語や類義語を紹介します。

  • 「低調な時期・不振の期間」
  • 「停滞期・スランプ期」

「低調な時期・不振の期間」

「低迷期」という表現は、「本来の調子・実力を発揮できずに成績が振るわない不振の時期」を意味しています。

「低調」とは「調子が良くないこと」を示唆する表現です。

これらの意味から、「低迷期」とほとんど同じような意味を示す類語(シソーラス)として、「低調な時期・不振の期間」の表現を上げられます。

「停滞期・スランプ期」

「停滞期」という表現は、「調子がいまいちで成績・結果が伸び悩んでしまう時期、成長することができずに足踏みする時期」を意味しています。

「スランプ期」とは、「本来の実力が発揮できずに成績が一時的に落ち込んでいる状態の期間」を意味する表現です。

その意味合いから、「停滞期・スランプ期」を、「調子が悪くて良い成果がでない時期」を意味する「低迷期」の類義語として紹介できます。

icon まとめ

この記事で説明した「低迷期」の表現には、「全般的に調子が良くなくて成果もでない時期」「調子・成績が良くない状態から離脱できない時期」などの意味があります。

「低迷期」の類語・類義語として、「低調な時期・不振の期間」「停滞期・スランプ期」などがあります。

「低迷期」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。