意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「直結」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「直結」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「直結」という言葉を使った例文や、「直結」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「直結」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「直結」とは?意味
  • 「直結」の表現の使い方
  • 「直結」を使った例文や短文など
  • 「直結」の類語や類義語・言い換え


「直結」とは?意味

「直結」には、「他のものを挟まずに、直接に結び付けること」という意味があります。

  • 「直結」の読み方

「直結」の読み方

「直結」の読み方は、「ちょっけつ」になります。



「直結」の表現の使い方

「直結」の表現の使い方を紹介します。

「直結」は、「他のものを挟まずに、直接に結び付けること」を意味します。

そこで、何かと何かの間にもの置かずに、直接結びつけている様子を見た時などに、「直結」という言葉を使ってみましょう。

例えば、ミスをした時、そのミスが、直接、損害に結びついてしまうことがあるかもしれません。

ミスをしても、リカバリーできて、損害が出ないこともありますが、直接、損害に結びつくこともあります。

このような時、「ミスが損害に直結してしまった」などと、「直結」という言葉を使ってみましょう。

「直結」を使った例文や短文など

「直結」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「直結」を使った例文1
  • 「直結」を使った例文2

「直結」を使った例文1

「地下鉄の出口と『直結』した会社に勤めているため、雨が降っても大丈夫」

この例文は、地下鉄の出口と、会社が直接に結びついていて、通路があるため、雨が降っても濡れずに済むという文章になります。

このように「直結」には、「他のものを挟まずに、直接に結び付けること」という意味があります。

「直結」を使った例文2

「浮気は離婚に『直結』するかもしれない」

この例文は、浮気という行為が、離婚に直接結びついてしまうという文章になります。

他の粗相なら、パートナーは許してくれても、浮気となると、離婚に「直結」してしまうかもしれません。



「直結」の類語や類義語・言い換え

「直結」の類語や類似を紹介します。

  • 「結び付ける」【むすびつける】
  • 「接続」【せつぞく】

「結び付ける」【むすびつける】

「結び付ける」「結んで離れないように固定させる」という意味があります。

また「結び付ける」は、「密接に関係づけること」を意味します。

「男女を結びつける、運命の出来事」などという使い方をします。

「接続」【せつぞく】

「接続」「二つ以上のものがつながること、またつなげること」を意味します。

「電気コードを接続する」という文章は、「二つ以上の電気コードをつなげる」という意味があります。

「電車の接続が悪い」などという使い方をします。

icon まとめ

「直結」という言葉について見てきました。

間に他のものを置かずに、直接に結び付けることを、一言でいう時、「直結」という言葉を使ってみましょう。