意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「鍛練」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「鍛錬」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「鍛錬」という言葉を使った例文や、「鍛錬」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「鍛練」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「鍛錬」とは?意味
  • 「鍛錬」の表現の使い方
  • 「鍛錬」を使った例文や短文など
  • 「鍛錬」の類語や類義語・言い換え


「鍛錬」とは?意味

「鍛錬」には、「金属を打って鍛えること」という意味があります。

また「鍛錬」は、「厳しい訓練や修養を積み、技芸や心身を強く鍛えること」を意味します。

  • 「鍛錬」の読み方

「鍛錬」の読み方

「鍛錬」の読み方は、「たんれん」になります。



「鍛錬」の表現の使い方

「鍛錬」の表現の使い方を紹介します。

「鍛錬」は、「金属を打って鍛えること」を意味します。

例えば、日本刀を作る時、鉄や鋼を熱して、金づちなどを使って打ち、鍛えて行きます。

その結果、世界一の切れ味と言われるような、日本刀ができます。

このような様子を、「鉄や鋼を鍛錬して、日本刀を作る」などと「鍛錬」という言葉を使い言い表せます。

また「鍛錬」は、「厳しい訓練や修養を積み、技芸や心身を強く鍛えること」を意味します。

例えば世界で活躍するアスリートは、厳しい訓練を積んで、競技スキルを上げて行きます。

このような様子を、「アスリートが鍛錬し、世界レベルの競技スキルを身に付ける」などと、「鍛錬」という言葉を使って表現できます。

「鍛錬」を使った例文や短文など

「鍛錬」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「鍛錬」を使った例文1
  • 「鍛錬」を使った例文2

「鍛錬」を使った例文1

「包丁になる鉄を金づちで打ち、『鍛錬』する」

この例文は、包丁づくりについての場面になります。

包丁になる鉄の塊を金づちなどで打ち、鍛えるという文章になります。

このように「鍛錬」は、「金属を打って鍛えること」を意味します。

「鍛錬」を使った例文2

「山籠もりをして、精神の『鍛錬』を積む」

この例文は、アスリートや勝負の世界に生きる人などが、山籠もりをして、精神を強く鍛える様子を文章にしたものです。

このように「鍛錬」は、「厳しい訓練や修養を積み、技芸や心身を強く鍛えること」を意味します。

誰もいない山奥で、自然と対峙しながら生活を送ることで、「鍛錬」を積めるかもしれません。



「鍛錬」の類語や類義語・言い換え

「鍛錬」の類語や類似を紹介します。

  • 「鍛える」【きたえる】
  • 「訓練」【くんれん】

「鍛える」【きたえる】

「鍛える」「高温に熱した金属を打ち、強くすること」を意味します。

また「練習や習練を繰り返し、技術や精神を強くする」という意味があります。

「鍛錬」と似た意味を持つため、言い換えに使えます。

「訓練」【くんれん】

「訓練」「あることを教え、継続的に練習させ、体得させること」を意味します。

「訓練を積み、実力をつける」「厳しい訓練を耐え抜く」などという使い方をします。

icon まとめ

「鍛錬」という言葉について見てきました。

金属を打って鍛えることについて話す時、また、厳しい訓練や修養を積み、技芸や心身を強く鍛えることについて話す時、「鍛錬」という言葉を使ってみましょう。