意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「取り持ち」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「取り持ち」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「取り持ち」という言葉を使った例文や、「取り持ち」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「取り持ち」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「取り持ち」とは?意味
  • 「取り持ち」の表現の使い方
  • 「取り持ち」を使った例文や短文など
  • 「取り持ち」の類語や類義語・言い換え


「取り持ち」とは?意味

「取り持ち」には、「双方の間を取り持つこと」という意味があります。

  • 「取り持ち」の読み方

「取り持ち」の読み方

「取り持ち」の読み方は、「とりもち」になります。



「取り持ち」の表現の使い方

「取り持ち」の表現の使い方を紹介します。

「取り持ち」は、「双方を取り持つこと」を意味します。

そこで、仕事関係者や家族、男女双方の間を取り持つ様子を見た時、「取り持ち」という言葉を使ってみましょう。

例えば、友達同士がお似合いで、カップルになればいいと思うことがあるかもしれません。

このような時、「友達同士を、カップルにするように取り持ち役をする」などと、「取り持ち」という言葉を使います。

このように、ビジネスシーンや男女の間を取り持つ時、「取り持ち」という言葉を使ってみましょう。

「取り持ち」を使った例文や短文など

「取り持ち」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「取り持ち」を使った例文1
  • 「取り持ち」を使った例文2

「取り持ち」を使った例文1

「今回の仕事の『取り持ち』を、取引先と過去に仕事をしたAさんが担当する」

この例文は、今回の仕事で取引先との間に立って、ことがうまくいくようにする役目を、Aさんが担当するという文章になります。

このように「取り持ち」には、「双方の間を取り持つこと」という意味があります。

過去に仕事した経験があるAさんが「取り持つ」と、仕事がスムーズに進むかもしれません。

「取り持ち」を使った例文2

「夫婦の間に入り、仲直りするよう『取り持つ』」

この例文は、ケンカをしている夫婦の間に入って、仲直りできるよう仲立ちをするという文章になります。

夫婦のどちらも意地を張ってしまっている時は、間に入り「取り持つ」人が必要になるかもしれません。



「取り持ち」の類語や類義語・言い換え

「取り持ち」の類語や類似を紹介します。

  • 「仲立ち」【なかだち】
  • 「仲介」【ちゅうかい】

「仲立ち」【なかだち】

「仲立ち」には「二者の間に入り、ことがうまくまとまるよう世話すること」という意味があります。

「商売の仲立ちをする」などという使い方をします。

「仲介」【ちゅうかい】

「仲介」には、「話し合うのが困難な、二者の間に入り、話をまとめること」という意味があります。

「土地の売買を仲介する」という文章は、「土地の所有者と、買い手の間に入り、話をまとめる」という意味になります。

icon まとめ

「取り持ち」という言葉について見てきました。

双方の間を取り持つ人を見た時などに、「取り持ち」という言葉を使ってみましょう。