意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「ようこそ」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

普段、何気なく使っている挨拶の言葉にも色々なものがあります。

挨拶で声を掛けられると、とても気持ちがいいものですが、その1つに「ようこそ」という言葉があります。

この言葉は誰もが知っていますが、今回は改めて、その意味や使い方を考えて行きたいと思います。

Meaning-Book
「ようこそ」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「ようこそ」とは?意味
  • 「ようこそ」の表現の使い方
  • 「ようこそ」を使った例文と意味を解釈
  • 「ようこそ」の類語や類義語


「ようこそ」とは?意味

「ようこそ」とは「その労に感謝する気持や歓迎の気持ち」を表す言い方です。

英語で表現すると、“welcome”という言葉で訳すことができます。



「ようこそ」の表現の使い方

「ようこそ」は、「その労に対して感謝ししたり、歓迎する気持ち」を表現した言葉なので、はるばる遠い地から訪れた人達を歓迎するような時に使われています。

「ようこそ、おいでなされた」「ようこそお見えになられた」と言うような言い回しがあります。

「ようこそ」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「ようこそ」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「ようこそ」を使った例文1
  • 「ようこそ」を使った例文2

「ようこそ」を使った例文1

「私のブログへようこそ。これであなたも大きな収入を稼ぐことができる」

はるばる遠い所から訪れた人を迎え入れる時に使われる「ようこそ」ですが、この例文のように、インターネットの世界でも使われることがあります。

特に個人ブログに訪れた人に対して使われていますが、ネットビジネスでできるだけ多くのフォロワーを増やす時に、そのブログにアクセスしてみると出てきます。

「ようこそ」を使った例文2

「日本へようこそ!楽しい旅の思い出を作ろう」

今では海外から多くの旅行者が日本に訪れます。

特に2020年は東京オリンピックもあるので、ますます海外からの旅行者が増えてきます。

その時に様々な場所で「ようこそ」の看板やサイネージを目にすることになるのでしょうが、ここに「おもてなしの精神」が宿っているように思えます。



「ようこそ」の類語や類義語

「ようこそ」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにします。

  • 「よくお越し下さいました」【よくおこしくださいました】
  • 「いらっしゃい」

「よくお越し下さいました」【よくおこしくださいました】

「よくお越し下さいました」「ようこそ」の類義語として理解することができます。

「迎え入れる際の呼びかけの言葉」であり、「ようこそ」をさらに丁寧に表現した言い方となります。

「いらっしゃい」

「来訪を祝い喜ぶ言葉」として使われている「いらっしゃい」「ようこそ」の類義語として使うことができる言葉です。

「ようこそ」と同じくらいによく出てくる言葉ですが、お客様商売をしている人は、1日何回も使っているはずです。

icon まとめ

「ようこそ」という言葉の意味や使い方を見てきました。

よく使われている言葉だけに、深く考察してみる機会がないかと思います。

例文でも触れたように「おもてなし」の気持ちを表現した言葉でもあるので、心を込めて使いたいものです。

この言葉を聞いた人は、とても心地よくなることでしょう。