意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「やり過ぎ」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「やり過ぎ」という表現は「そこまでするのはやり過ぎです」「非難のやり過ぎは犯罪になることもあります」などの文章で使われますが、「やり過ぎ」にはどのような意味があるのでしょうか?

「やり過ぎ」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

Meaning-Book
「やり過ぎ」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「やり過ぎ」の意味
  • 「やり過ぎ」の表現の使い方
  • 「やり過ぎ」を使った例文と意味を解釈
  • 「やり過ぎ」の類語や類義語


「やり過ぎ」の意味

「やり過ぎ」という表現は、「ある行為の程度が明らかに行き過ぎていること」「決められた範囲(常識的な程度)を超えていること」を意味しています。

「やり過ぎ」というのは、「一般的に考えられるある行為の程度が極端に行き過ぎていて過剰なさま」を意味している表現なのです。

  • 「やり過ぎ」の読み方

「やり過ぎ」の読み方

「やり過ぎ」の読み方は、「やりすぎ」になります。



「やり過ぎ」の表現の使い方

「やり過ぎ」の表現の使い方を紹介します。

「やり過ぎ」の表現は、「そこまでやる必要がないと一般的に思われる程度を大きく超えている場合」「ある行動の力加減が極端に行き過ぎている時」に使うという使い方になります。

例えば、「子供のしつけだからといって殴ったり蹴ったりすれば虐待であり、明らかにやり過ぎになります」といった文章で使うことができます。

「やり過ぎ」を使った例文と意味を解釈

「やり過ぎ」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「やり過ぎ」を使った例文1
  • 「やり過ぎ」を使った例文2

「やり過ぎ」を使った例文1

「私は顧問としてやり過ぎの指導を反省して、怒鳴りつけた部員たちに謝罪することにしました」

この「やり過ぎ」を使った例文は、「私は顧問として、興奮して怒鳴るような行き過ぎた(常識的な程度を超えた)指導を反省して」という意味を持つ文脈で、「やり過ぎ」の表現を使用しています。

「やり過ぎ」を使った例文2

「トレーニングのやり過ぎはオーバーワークになって、反対に筋肉を痛めたり故障の原因になったりすることがあります」 この「やり過ぎ」を使った例文は、「やり過ぎ」という表現を、「自分の限界を超えるような過剰なトレーニングはオーバーワークになって」という意味合いで使っています。



「やり過ぎ」の類語や類義語

「やり過ぎ」の類語や類義語を紹介します。

  • 「過剰・行き過ぎ」
  • 「超過・オーバーワーク」

「過剰・行き過ぎ」

「やり過ぎ」という表現は、「ある行為の程度が過剰で行き過ぎているさま」「決められた範囲を超えて過剰であること」を意味しています。

「過剰」というのは、「適切な程度・分量を超えていること」を意味する言葉です。

その意味から、「やり過ぎ」と類似の意味を持つ類語(シソーラス)として、「過剰・行き過ぎ」を上げられます。

「超過・オーバーワーク」

「やり過ぎ」という言葉は、「ある行為・物事の決められた範囲を超過しているさま」「ある行為の程度が行き過ぎてオーバーワークになっていること」を意味しています。

「オーバーワーク」の表現は、「仕事・行為を決められた程度以上にやり過ぎていること」を示しています。

この意味合いから、「やり過ぎ」と良く似た意味を持つ類義語として、「超過・オーバーワーク」の表現を指摘できます。

icon まとめ

この記事で説明した「やり過ぎ」の表現には、「ある行為の程度が明らかに行き過ぎているさま」「決められた範囲(常識・限界のライン)を超えて過剰にすること」などの意味があります。

「やり過ぎ」の類語・類義語として、「過剰・行き過ぎ」「超過・オーバーワーク」などがあります。

「やり過ぎ」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。