意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「倍旧」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「倍旧」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「倍旧」という言葉を使った例文や、「倍旧」の類語を紹介して行きます。

倍旧

Meaning-Book
「倍旧」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「倍旧」とは?意味
  • 「倍旧」の表現の使い方
  • 「倍旧」を使った例文や短文など
  • 「倍旧」の類語や類義語・言い換え


「倍旧」とは?意味

「倍旧」には、「以前よりも程度が増すこと」という意味があります。

  • 「倍旧」の読み方

「倍旧」の読み方

「倍旧」の読み方は、「ばいきゅう」になります。



「倍旧」の表現の使い方

「倍旧」の表現の使い方を紹介します。

「倍旧」は、「前よりも程度が増やす」を意味します。

そこで、以前よりも程度が増したと感じた時、また以前よりも程度を増して欲しいと思った時、「倍旧」という言葉を使ってみましょう。

また「倍旧」は基本的にビジネスシーンで使う言葉になります。

仕事相手や、取引先、お店から見たお客などに対して使う言葉になります。

例えば、以前からお世話になっている取引先に挨拶をする時、「倍旧のお引き立てをお願いいたします」などと「倍旧」という言葉を使います。

現在も過去もお世話になっていますが、さらにこれからは程度を増して、引き立てて欲しいとお願いしているという意味合いがあります。

「倍旧」を使った例文や短文など

「倍旧」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「倍旧」を使った例文1
  • 「倍旧」を使った例文2

「倍旧」を使った例文1

「新装開店後も、『倍旧』のご愛顧を願いあげます」

この例文は、あるお店の新装開店時の挨拶になります。

新装開店後も、以前と変わらず、いやさらに程度を増した愛し方をしていただきたいという文章になります。

このように「倍旧」には、「前よりも程度が増やす」という意味があります。

「倍旧のご愛顧を」という言い回しは、お店が客に対して使う常套句のような言葉だと覚えておきましょう。

「倍旧」を使った例文2

「先輩には『倍旧』のご指導ご鞭撻をよろしくお願いいたします」 この例文は職場の先輩社員に対して、今後も、以前より程度がました指導や鞭撻をお願いしますという文章になります。



「倍旧」の類語や類義語・言い換え

「倍旧」の類語や類似を紹介します。

  • 「加える」【くわえる】
  • 「増える」【ふえる】

「加える」【くわえる】

「加える」には「程度を増す」「現在あるものから付け足す」という意味があります。

「約束を加える」という文章には、「今ある約束に、さらに約束を付け足す」という意味があります。

「砂糖を加える」「車両を加える」などという使い方をします。

「増える」【ふえる】

「増える」には「数や量が増す」という意味があります。

「貯金が増える」という文章には、「貯金の金額が多くなるという意味があります。

「数が増える」「量が増える」などという使い方をします。

icon まとめ

「倍旧」という言葉について見てきました。

以前よりも程度が増すことを、一言で言い表す時、「倍旧」という言葉を使ってみましょう。