意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「善い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「善い」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「善い」という言葉を使った例文や、「善い」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「善い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「善い」とは?意味
  • 「善い」の表現の使い方
  • 「善い」を使った例文や短文など
  • 「善い」の類語や類義語・言い換え


「善い」とは?意味

「善い」には、「人の行いや、心掛けが良い」という意味があります。

  • 「善い」の読み方

「善い」の読み方

「善い」の読み方は、「よい」になります。



「善い」の表現の使い方

「善い」の表現の使い方を紹介します。

「善い」には、「人の行いや、心掛けが良い」という意味があります。

そこで、人の行いがいいと思った時、心掛けが良いと感じた時に、「善い」という言葉を使ってみましょう。

例えば、電車に乗っている時に、若者が座っている席の前に高齢者が立ったとします。

このような時に、間髪を入れずに席を立てる人は、行いが良い人と言えます。

そのため、「高齢者に席を譲るという、善い行動」などと、「善い」という言葉を使ってその人の行為を褒められます。

このように、人の行いや心掛けが良いと感じられる時、「善い」という言葉を使ってみましょう。

  • 「良い」と「善い」の違い

「良い」と「善い」の違い

【良い】優れている。好ましい
品質が良い。成績が良い。手際が良い。発音が良い。今のは良い質問だ。感じが良い。
良い話がある。仲間受けが良い。良い習慣を身に付ける。

【善い】道徳的に望ましい。
善い行い。世の中のために善いことをする。人に親切にするのは善いことである。


「善い」を使った例文や短文など

「善い」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「善い」を使った例文1
  • 「善い」を使った例文2

「善い」を使った例文1

「電車に乗っても、行儀が『善い』子供」

この例文は、電車に乗った時でも、行儀が良い子供という文章になります。

このように「善い」には、「人の行いや、心掛けが良い」という意味があります。

子供は電車の中に入ると、興奮してはしゃいでしまったり、怖くなって奇声を発してしまったりします。

しかし、中には「行儀が良い」子供がいて、大人のように振る舞えます。

「善い」を使った例文2

「心掛けの『善い』人に、幸せなことが起こる」

この例文は、心掛けが良い人には、幸せなことが起こるという文章になります。

このように、いつも悪いことばかりしている人よりも、心掛けが良く正しい行いをしている人に、幸運が舞い降りるかもしれません。

また「善い」行いをしていることを、誰かが見ていて、何かしらのご褒美をくれるかもしれません。



「善い」の類語や類義語・言い換え

「善い」の類語や類似を紹介します。

  • 「善行」【ぜんこう】
  • 「陰徳」【いんとく】

「善行」【ぜんこう】

「善行」には「善い行い」「道徳にかなった行為」という意味があります。

「善行を積む」という言葉には、「善い行いを積み重ねる」という意味があります。

「善行をする少年」「善行を褒め称える」などという使い方をします。

「陰徳」【いんとく】

「陰徳」には「人に知られないように、密かにする善行」という意味があります。

「陰徳を積む」という使い方をします。

icon まとめ

「善い」という言葉について見てきました。

人の行いや、心掛けが良い様子を見た時、「善い」という言葉を使ってみましょう。