意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「交ざる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「交ざる」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「交ざる」という言葉を使った例文や、「交ざる」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「交ざる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「交ざる」とは?意味
  • 「交ざる」の表現の使い方
  • 「交ざる」を使った例文や短文など
  • 「交ざる」の類語や類義語・言い換え


「交ざる」とは?意味

「交ざる」は、「性質の相違するものが中に入り込む」「二種類のものが一緒になる」という意味があります。

二種類のものが一緒になった上で、区別がつく時「交ざる」という言葉を使います。

  • 「交ざる」の読み方

「交ざる」の読み方

「交ざる」の読み方は、「まざる」になります。



「交ざる」の表現の使い方

「交ざる」の表現の使い方を紹介します。

「交ざる」は、「性質の相違するものが中に入り込む」「二種類のものが一緒になる」ことを意味します。

例えば、子供たちが集まっている場所に、大人が入り込むとします。

この状態は、子供と大人という二種類のものが一緒になっていると言えます。

さらに、子供と大人の見分けがつく状態になります。

そのため、「子供がいる場所に、大人が交ざる」などと、「交ざる」を使って状況を説明できます。

  • 「交ざる・交じる・交ぜる」と「混ざる・混じる・混ぜる」の違い

「交ざる・交じる・交ぜる」と「混ざる・混じる・混ぜる」の違い

【交ざる・交じる・交ぜる】元の素材が判別できる形で一緒になる。
麻が交ざっている。漢字仮名交じり文。交ぜ織り。カードを交ぜる。米に麦を交ぜる。 子供たちに交ざって遊ぶ。白髪交じり。

【混ざる・混じる・混ぜる】元の素材が判別できない形で一緒になる。
酒に水が混ざる。異物が混じる。雑音が混じる。コーヒーにミルクを混ぜる。 セメントに砂を混ぜる。絵の具を混ぜる。


「交ざる」を使った例文や短文など

「交ざる」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「交ざる」を使った例文1
  • 「交ざる」を使った例文2

「交ざる」を使った例文1

「女性ばかりが集まる街に、男性が『交ざる』と目立ってしまう」

この例文のように、街によっては女性ばかりが集まって、男性があまり来ないことがあります。

このような街に、男性が入り込むと、目立ってしまうでしょう。

このように「交ざる」には、「性質の相違するものが中に入り込む」「二種類のものが一緒になる」という意味があります。

例えば、タピオカミルクティーの行列に並んでいるのは、ほとんど若い女性ですが、中年男性が一人「交ざる」と、目立ってしまいます。

「交ざる」を使った例文2

「草野球で大人に『交ざり』プレーする少年」

この例文は、大人ばかりで楽しんでいる草野球に、少年が入り込み、プレーしているという文章になります。

このように大人に「交ざり」プレーする子供は、身体能力が高く、野球のセンスがいいため、将来はプロ野球選手になれるかもしれません。



「交ざる」の類語や類義語・言い換え

「交ざる」の類語や類似を紹介します。

  • 「混ざる」【まざる】
  • 「一体となる」【いったいとなる】

「混ざる」【まざる】

「混ざる」は、「性質の相違するものが、中に入り込み一緒になる様子」を意味します。

そのため「交ざる」と同じ意味を持ちますが、「混ざる」の場合は、入り込んだものの見分けがつかなくなります。

例えば「コーヒーとミルクを混ぜる」と、コーヒーとミルクが一つになり、茶色い液体になります。

コーヒーとミルク部分の違いが分からなくなるため、「混ざる」という言葉を使います。

「一体となる」【いったいとなる】

「一体となる」「別の物が同化する」という意味があります。

また「大勢がまとまって一方向を剥いた状態」を意味します。

「社員が一体となる」などという使い方をします。

icon まとめ

「交ざる」という言葉について見てきました。

性質の異なるものが、中に入り込む時、二種類のものが一緒になる様子を見た時、「交ざる」という言葉を使ってみましょう。