意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「追伸」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「追伸」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「追伸」という言葉を使った例文や、「追伸」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「追伸」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「追伸」とは?意味
  • 「追伸」の表現の使い方
  • 「追伸」を使った例文や短文など
  • 「追伸」の類語や類義語・言い換え


「追伸」とは?意味

「追伸」には、「手紙などで、本文の後に、さらに書き加える文」という意味があります。

  • 「追伸」の読み方

「追伸」の読み方

「追伸」の読み方は、「ついしん」になります。



「追伸」の表現の使い方

「追伸」の表現の使い方を紹介します。

「追伸」には、「手紙などで、本文の後にさらに書き加える文」という意味があります。

そこで、手紙を書く時に、本文の後に、さらに文章を加えたい時などに、「追伸」という言葉を使ってみましょう。

例えば、田舎にいる両親に手紙を書く時、ひとまず本文を書き終えるかもしれません。

しかし書き終えた後で、もう少し文章を加えたいと思うかもしれません。

このような時、本文の後に「追伸」という言葉を付けて、文章を書き加えるようにしましょう。

「追伸」を使った例文や短文など

「追伸」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「追伸」を使った例文1
  • 「追伸」を使った例文2

「追伸」を使った例文1

「『追伸』に、本当に伝えたい気持ちを書く」

この例文は、手紙を書く時は、実は本文に本当に伝えたい気持ちを書かず、書き加える文に、本当の気持ちを書くという文章になります。

このように「追伸」には、「手紙などで、本文の後にさらに書き加える文」という意味があります。

恋人に手紙を書く時、本文は近況報告をして、「追伸」として、「好きだよ」などと、本当に伝えたい気持ちを書く人もいるでしょう。

「追伸」を使った例文2

「ビジネスメールでは、あまり『追伸』を書かない」

この例文はビジネスメールを書く時、あまり「追伸」を書かないという文章になります。

ビジネスメールは、書き直しが自在で、用件のみを伝えることが多いため、かなり親しい間柄でない限り、「追伸」を付け加えないかもしれません。

逆に「追伸」として、後にプライベートの話を添えるような間柄の人は、信頼のおける仲間のような仕事相手かもしれません。



「追伸」の類語や類義語・言い換え

「追伸」の類語や類似を紹介します。

  • 「P.S.」【ぴーえす】
  • 「追って書き」【おってがき】

「P.S.」【ぴーえす】

「P.S.」「追伸」という意味があります。

「追伸」を他の言葉で言い表したい時、「P.S.」という言葉を使ってみましょう。

「追って書き」【おってがき】

「追って書き」「手紙で本文を書き終えた後、さらに付け足しの分を書き加える」という意味があります。

「追伸」と同じ意味があるため、言い換えに使えます。

icon まとめ

「追伸」という言葉について見てきました。

手紙などで、本文の後に、さらに書き加える文を一言で言い表す時、「追伸」という言葉を使ってみましょう。