意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「やんわり断る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「やんわり断る」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「やんわり断る」という言葉を使った例文や、「やんわり断る」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「やんわり断る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「やんわり断る」とは?意味
  • 「やんわり断る」の表現の使い方
  • 「やんわり断る」を使った例文や短文など
  • 「やんわり断る」の類語や類義語・言い換え


「やんわり断る」とは?意味

「やんわり断る」には、「やわらかに断る」「穏やかな様子で拒絶したり、辞退する」という意味があります。

  • 「やんわり断る」の読み方

「やんわり断る」の読み方

「やんわり断る」の読み方は、「やんわりことわる」になります。



「やんわり断る」の表現の使い方

「やんわり断る」の表現の使い方を紹介します。

「やんわり断る」は、「やわらかに断る」「穏やかな様子で拒絶したり、辞退すること」を意味します。

そこで、誰かの申し出などを、やわらかに断る様子を見た時などに、「やんわり断る」という言葉を使ってみましょう。

例えば、会社の上司に残業して仕事を仕上げるよう、頼まれるかもしれません。

しかし、都合などがあり残業できない場合、事を荒立てないよう、穏やかな様子で断ろうとするかもしれません。

このような様子を文章にする時、「上司に残業を頼まれたが、やんわり断った」などと、「やんわり断る」という言葉を使ってみましょう。

「やんわり断る」を使った例文や短文など

「やんわり断る」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「やんわり断る」を使った例文1
  • 「やんわり断る」を使った例文2

「やんわり断る」を使った例文1

「デートに誘われたが、興味がないため『やんわり断る』」

この例文は異性からデートに誘われたが、その異性に興味がなかったため、やわらかく断ったという文章になります。

このように「やんわり断る」は、「やわらかに断る」「穏やかな様子で拒絶したり、辞退すること」を意味します。

デートに誘われたことは嬉しく、その人に悪い感情を抱いていないのなら、ひどい断り方をせず、「やんわり断る」方がいいかもしれません。

「やんわり断る」を使った例文2

「『やんわり断っても』通じないため、はっきり断った」

この例文は何かの申し出をやわらかく断っていたが、相手に通じなかったため、はっきりと断ることにしたという文章になります。

デートの申し出などを、にこやかな表情で「やんわり断っても」相手に通じないことがあります。

何度も誘ってくるようなら、はっきり断る必要があるかもしれません。



「やんわり断る」の類語や類義語・言い換え

「やんわり断る」の類語や類似を紹介します。

  • 「ソフトに断る」【そふとにことわる】
  • 「傷つけないよう断る」【きずつけないようことわる】

「ソフトに断る」【そふとにことわる】

「ソフトに断る」「やわらかく断る」という意味があります。

「ランチの誘いをソフトに断る」という文章には、「ランチの誘いを、やわらかく断る」という意味があります。

「傷つけないよう断る」【きずつけないようことわる】

「傷つけないよう断る」には「相手の心を痛めたりしないよう気遣いながら、断る」という意味になります。

icon まとめ

「やんわり断る」という言葉について見てきました。

お願い事をやわらかに断る時、また、穏やかな様子で拒絶したり、辞退する様子を見た時、「やんわり断る」という言葉を使ってみましょう。