意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「臨時休業」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「臨時休業」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「臨時休業」という言葉を使った例文や、「臨時休業」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「臨時休業」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「臨時休業」とは?意味
  • 「臨時休業」の表現の使い方
  • 「臨時休業」を使った例文や短文など
  • 「臨時休業」の類語や類義語・言い換え


「臨時休業」とは?意味

「臨時休業」には、「決められた休日以外の日に、営業や業務を休むこと」という意味があります。

  • 「臨時休業」の読み方

「臨時休業」の読み方

「臨時休業」の読み方は、「りんじきゅうぎょう」になります。



「臨時休業」の表現の使い方

「臨時休業」の表現の使い方を紹介します。

「臨時休業」は、「定休日以外の日に、急遽営業や業務を休むこと」を意味します。

そこで、会社やお店などが、定休日以外の日に、急遽営業や業務を休んでいる様子を見た時、「臨時休業」という言葉を使ってみましょう。

例えば、ある飲食店が30周年を迎えた時、店主がお店を支えてくれたスタッフと一緒に、ハワイに行きたいと思うかもしれません。

そのため、定休日でない日に一週間程度、休業するかもしれません。

このような時、「30周年を記念してハワイに行くため、臨時休業します」などと、「臨時休業」という言葉を使って状況を説明できます。

「臨時休業」を使った例文や短文など

「臨時休業」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「臨時休業」を使った例文1
  • 「臨時休業」を使った例文2

「臨時休業」を使った例文1

「台風が近づいているため、明日はお店を『臨時休業』にしよう」

この例文は台風が近づいているという理由で、明日の営業を中止しようとしている文章になります。

このように「臨時休業」には、「定休日以外の日に、急遽営業や業務を休むこと」という意味があります。

台風により被害を出さないため、「臨時休業」することは実際にあるはずです。

「臨時休業」を使った例文2

「楽しみしていたお店を訪れたら、『臨時休業』の札が掛けられていた」

この例文は、食事を楽しむことを楽しみにしていたお店を訪れたら、「臨時休業」という札が掛かっていたという文章になります。

他県から訪れるなど、遠路はるばる訪れた人は、定休日以外の休みに対してがっかりするのではないでしょうか。



「臨時休業」の類語や類義語・言い換え

「臨時休業」の類語や類似を紹介します。

  • 「休園」【きゅうえん】
  • 「休校」【きゅうこう】

「休園」【きゅうえん】

「休園」「動物園や幼稚園などが休みになること」という意味があります。

「台風が接近しているため、遊園地が休園になる」という文章は、「台風の被害が出ないように、遊園地を休みにする」という意味があります。

「休校」【きゅうこう】

「休校」「学校が休みになること」を意味します。

「インフルエンザのため、休校する」という文章には、「インフルエンザが流行しているため、学校を休みにする」という意味があります。

「休校日」などという使い方をします。

icon まとめ

「臨時休業」という言葉について見てきました。

決められた休日以外の日に、営業や業務を休むことを、一言で言い表す時、「臨時休業」という言葉を使ってみましょう。