意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「妙な組み合わせ」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「妙な組み合わせ」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「妙な組み合わせ」という言葉を使った例文や、「妙な組み合わせ」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「妙な組み合わせ」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「妙な組み合わせ」とは?意味
  • 「妙な組み合わせ」の表現の使い方
  • 「妙な組み合わせ」を使った例文や短文など
  • 「妙な組み合わせ」の類語や類義語・言い換え


「妙な組み合わせ」とは?意味

「妙な組み合わせ」には、「原因は特定できないが、変な感じがする組み合わせ」という意味があります。

  • 「妙な組み合わせ」の読み方

「妙な組み合わせ」の読み方

「妙な組み合わせ」の読み方は、「みょうなくみあわせ」になります。



「妙な組み合わせ」の表現の使い方

「妙な組み合わせ」の表現の使い方を紹介します。

「妙な組み合わせ」は、「原因は特定できないが、変な感じがする組み合わせ」を意味します。

そこでなぜだか原因ははっきりしないが、変な感じがする組み合わせを見た時、「妙な組み合わせ」という言葉を使ってみましょう。

例えば、デートで待ち合わせた場所に、彼氏がやってきたとします。

その彼氏の服装をみた彼女は、原因ははっきりしないものの、何か変な感じがする組み合わせの服だと感じるかもしれません。

上着のためか、インナーの色のためか原因は特定できないものの、変だと感じる時、「彼氏の服装が妙な組み合わせだと彼女は思った」などと、「妙な組み合わせ」という言葉を使って彼女の心情を説明できます。

「妙な組み合わせ」を使った例文や短文など

「妙な組み合わせ」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「妙な組み合わせ」を使った例文1
  • 「妙な組み合わせ」を使った例文2

「妙な組み合わせ」を使った例文1

「ラーメンとコロッケは、『妙な組み合わせ』に感じる」

この例文はラーメンの上にコロッケがトッピングされているのは、変な組み合わせと感じるという文章になります。

このように「妙な組み合わせ」には、「原因は特定できないが、変な感じがする組み合わせ」という意味があります。

そばにコロッケは王道の組み合わせですが、ラーメンにコロッケの場合は「妙な組み合わせ」と感じる人がいてもおかしくないかもしれません。

「妙な組み合わせ」を使った例文2

「義理の父と二人で車に乗ると、『妙な組み合わせ』だと感じる」

この例文は、義理の父親と二人きりで自動車に乗っている時、変な感じがするという文章になります。

自分と妻、義理の父と妻なら普通の組み合わせなのに、このような組み合わせの時、「妙な組み合わせ」と感じる人もいるでしょう。



「妙な組み合わせ」の類語や類義語・言い換え

「妙な組み合わせ」の類語や類似を紹介します。

  • 「違和感のある組み合わせ」【いわかんのあるくみあわせ】
  • 「変な組み合わせ」【へんなくみあわせ】

「違和感のある組み合わせ」【いわかんのあるくみあわせ】

「違和感のある組み合わせ」「心理的、生理的に不自然さを感じる組み合わせ」という意味があります。

「AとBはどことなく、違和感のある組み合わせだ」などという使い方をします。

「変な組み合わせ」【へんなくみあわせ】

「変な組み合わせ」「変だと感じられる組み合わせ」という意味があります。

「パンに納豆をはさむのは、変な組み合わせだ」という文章は、「パンの間に納豆をはさむことは、組み合わせとして変だと感じる」という意味になります。

「変な組み合わせを避ける」などという使い方をします。

icon まとめ

「妙な組み合わせ」という言葉について見てきました。

原因は特定できないが、変な感じがする組み合わせだと感じた時、「妙な組み合わせ」という言葉を使ってみましょう。