意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「釣行」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「釣行」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「釣行」という言葉を使った例文や、「釣行」の類語を紹介して行きます。

釣行

Meaning-Book
「釣行」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「釣行」とは?意味
  • 「釣行」の表現の使い方
  • 「釣行」を使った例文や短文など
  • 「釣行」の類語や類義語・言い換え


「釣行」とは?意味

「釣行」には、「釣りに行くこと」という意味があります。

  • 「釣行」の読み方

「釣行」の読み方

「釣行」の読み方は、「ちょうこう」になります。



「釣行」の表現の使い方

「釣行」の表現の使い方を紹介します。

「釣行」は、「釣りに行くこと」を意味します。

そこで、誰かが釣りに行く時、自分が釣りを楽しむ時などに、「釣行」という言葉を使ってみましょう。

例えば、仕事で疲れが溜まった時、何かストレス解消法を考えるかもしれません。

たまたま友達が釣りに誘ってくれた時、釣りに行きストレス解消しようと思うかもしれません。

このような時、「釣行をして、ストレス解消しようと思う」などと、「釣行」という言葉を使って自分の思いを伝えてみましょう。

「釣行」を使った例文や短文など

「釣行」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「釣行」を使った例文1
  • 「釣行」を使った例文2

「釣行」を使った例文1

「週末に『釣行』するのが、今から楽しみで仕方ない」

この例文は週末になったら釣りに行くことが、今から楽しみで仕方がないという文章になります。

このように「釣行」には、「釣りに行くこと」という意味があります。

会社から帰ってきたら、釣竿を眺めたり、仕掛けを作るなどして週末の「釣行」のため、準備する人もいるでしょう。

「釣行」を使った例文2

「『釣行』という趣味についての会話で、初体面の人と盛り上がる」

この例文は釣りに行くという趣味についての話題によって、初対面の人と盛り上がっている場面になります。

共通の趣味を持っていると、初対面でも十分に盛り上がれるのではないでしょうか。

特に釣りを趣味とする人は「釣りバカ」と呼ばれることもあり、他の趣味を持っている人同士より、盛り上がれるかもしれません。



「釣行」の類語や類義語・言い換え

「釣行」の類語や類似を紹介します。

  • 「釣果」【ちょうか】
  • 「入れ食い」【いれぐい】

「釣果」【ちょうか】

「釣果」には「釣りの成果・結果」という意味があります。

「今日の釣果は、3匹だ」という文章は、「今日釣れた魚の量は、3匹だ」という意味になります。

「釣果を友達と競う」などという使い方をします。

「入れ食い」【いれぐい】

「入れ食い」「仕掛けを入れた途端に魚が食いつくこと」を意味します。

「今は入れ食いのため、どんどん釣ろう」という文章は、「今は仕掛けを入れると魚がすぐにかかるため、休まずに次々と釣ろう」という意味があります。

icon まとめ

「釣行」という言葉について見てきました。

釣りに行くことを、他の言葉で言い表したい時、「釣行」という言葉を使ってみましょう。